>
ボタな自転車海苔

ロードレーサーnebaneba
ボタリングロード暦5年余
育ち盛りの自転車海苔・・今後の成長に乞うご期待 
4月1日(土) 浅草花見
P1040228_convert_20170403173254.jpg  P1040245_convert_20170403173407.jpg
浅草バンキーナ

P1040232_-_繧ウ繝斐・_convert_20170403173344  P1040230_convert_20170403173317.jpg
真冬のような寒い雨の一日でした。 立食飲み放題6,000円コース

4月2日(日) 
P1040255_convert_20170403173434.jpg  P1040259_convert_20170403173456.jpg
花見に出かけようにも寒くてベランダにて角ハイタイム   肴は大阪の姉の手作りイカナゴの佃煮

4月22日(土)新小学1・2年生トラック交通安全教室
P1040421_convert_20170424112446.jpg  P1040400_convert_20170424112426.jpg
王子柳田小学校・東京都トラック協会北支部・警視庁王子警察署

P1040396_convert_20170424112401.jpg  P1040432_convert_20170424112508.jpg


4月22日(土) 隅田川観葉桜会
浅草レストランバンキーナ
P1040443_convert_20170424112944.jpg  P1040446_convert_20170424113021.jpg
旧職のパートさんと
高校卒業してから52年、伊那北高校18回生同期が古希を迎えて隅田川の屋形船で花見をした。
称して「古希特別企画屋形船花見の宴」
P1040279_convert_20170410140341.jpg  P1040290_convert_20170410140502.jpg
4月8日お釈迦様の誕生日13時。 集合場所 浅草雷門前 浅草文化観光センター8 階屋上展望室。

P1040284444444444.jpg  P1040306_convert_20170410140524.jpg
乗船14 時 吾妻橋桟橋(浅草の対岸) 集合場所から全員でゆっくり徒歩移動 34名の参加者

P1040355_convert_20170410141100.jpg  P1040310_convert_20170410140549.jpg
屋形船「池上」の 船上花見の宴 (飲み放題付)

P1040337_convert_20170410140707.jpg  P1040335_convert_20170410140642.jpg
旧交温め近況報告そしてさあ吞め飲め。 卒業して初めて再会した者もある。

P1040318_convert_20170410140614.jpg  P1040338_convert_20170410140728.jpg
会費 1 名につき11,000 円 酒はセルフで飲み放題。 肴はあるだけ食べ放題。

P1040346_convert_20170410140902.jpg  P1040342_convert_20170410140837.jpg
沿岸の桜も満開。それに高校時代のよもやま話に花が咲く。。

P1040341_convert_20170410140813.jpg  P1040339_convert_20170410140749.jpg
すっかり52年前にタイムスリップして「70歳の少年」がはしゃぐ。

P1040347_convert_20170410140959.jpg  P1040348_convert_20170410141039.jpg
16時30分とりあえず締めて下船。

P1040359_convert_20170410141125.jpg  P1040361_convert_20170410141147.jpg
◆二次会 は 麦とろ にて小パーティーなり26名参加    麦とろ最上階にて2時間 2,000円 乾き物で飲み放題。

その後更に神谷バーで3次会。
どうやって帰ってきたのかタクシーが我が家の前に止まっていて運転手さんに起こされてのご帰還。
3月6日(月) 石和かんぽの宿
P1030625_convert_20170314151802.jpg  P1030627_convert_20170314151834.jpg

P1030626_convert_20170314151941.jpg  P1030638_convert_20170314151915.jpg


3月7日(火) 上野紀一氏国土交通大臣賞受賞祝い
P1030707_convert_20170314150327 - コピー  P1030708_convert_20170314150358 - コピー

P1030686_convert_20170314150425 - コピー  P1030692_convert_20170314150600 - コピー

3月15日(水) 王子豊島「砂場にて」
P1040164_convert_20170322094342.jpg  砂場

3月16日(木) 鉢植えサクランボ開花
17240420_1272392006172730_559433275424799955_o.jpg  17309723_1272392009506063_3567977215012031875_n.jpg


3月19日(日) 石和 慶山甲斐路
いさわ  2石和


3月28日(火) 韮崎あゆみの家帰路<
P1040202_convert_20170403173106.jpg  P1040203_convert_20170403173128.jpg


3月31日(金) 草加葛西用水開花
P1040221_convert_20170403173220.jpg  P1040215_convert_20170403173159.jpg
まだまた2分咲き 寒いいっ。
映画「チア☆ダン」 上映時間:2時間1分
2009年に福井県立福井商業高等学校チアリーダー部 JETS がアメリカのチアダンスの大会で優勝した実話をベースにした青春ムービー。

358397_001.jpg  358397_005.jpg
ストーリー
福井県立福井商業高等学校チアリーダー部 JETS がアメリカの大会制覇に燃える顧問の女教師の厳しい指導と練習に切磋琢磨しながらチアダンスに打ち込む姿を描く青春賛歌。

2009年に福井県の高校チアダンス部が、アメリカのチアダンスの大会で優勝した実話をベースにした青春ムービー。
358397_003.jpg  358397_002.jpg
完走
私は高校時代柔道部に在籍した時は講道館を目指し、野球部にいた時は甲子園を目指していた。
しかしこの映画の女子高生等は世界を目指していた。
その時代というか世代とのギャップに負い目を感ずるとともに若者の無限の可能性に挑戦する姿に元気をいただいた。
久々の感涙映画。

あっという間の4日間
はや「帰国」の朝

P1030826_convert_20170314174422_2017031418204133f.jpg  P1040054_convert_20170314181222.jpg
もう一つのベットルームに鎮座していたコルナゴ君用の段ボールで荷造りしてヤマト便にて発送。
運賃6955円/1台 保険料1万円につき10円。
幸いに天気もいい。飛行機の出発まで島見物することにした。

P10400533333333333333333.jpg  P1040069_convert_20170314181445.jpg
ホテルのの脇の公園となんやら地元の著名な音楽家の記念ステージ。
このレンタカーが島の移動手段、トヨタに感謝していざ島見物。。

P1040055_convert_20170314181249.jpg  P1040056_convert_20170314181312.jpg
まずは島の古民家展示施設の「やいま村」へ。
南国の綺麗な花が咲き乱れていてのんびりできる・・・と思いきやなぜか中国人の集団の「騒音」ともいえる大声の会話に唖然騒然。

P1040057_convert_20170314181349.jpg  P1040114_convert_20170314183231.jpg
どうも台湾の大型クルーズがこの島に寄港しているらしい。
シーサーが民家を守っている。日本も防衛してね。

P1040062_convert_20170314181419.jpg  P1040074_convert_20170314181513.jpg
石垣国際港には台湾からの豪華客船が寄港中。街に観光地に中国人が溢れていて「にぎやか」過ぎ。
石垣「離島たーみなる」からフェリーで竹富島へ渡ることにした。乗船時間15分。

P1040105_convert_20170314181559.jpg  P1040094_convert_20170314181535.jpg
環境・建物等が規制されている集落を水牛車で巡回観光。のんびり「牛歩」散策だ。
途中で水牛は体温下げるためにシャワー休憩。

P1040107_convert_20170314181632.jpg  P1040092_convert_20170314183324.jpg
この水牛は15歳の雌で「由美子」。 人間でいうと45歳の熟女とか。
安里屋ユンタ発祥の屋敷  サーユイユイ マタハーリヌ チンダラカヌシャマヨ。

P1040126_convert_20170314181656.jpg  P1040141_convert_20170314181728.jpg  
観光牛車の運営バスに送られて竹富島から再度フェリーで石垣島へ
のんびり観光、そして石垣市内での海鮮食堂でたっぷり海鮮寿司(980円)をいただいてから空港へ。

P1040144_convert_20170314181748.jpg  P1040128_convert_20170314181818.jpg  
トヨタレンタへビッツを返却 ガソリン代1,700円也。
サメの飛行機とシーサーに見送られて島を後にするのでした。
夜間飛行の羽田直行便19時20分発。帰りはジェット気流に乗って2時間半。

P1040129_convert_20170314181844.jpg  P1040133_convert_20170314184320.jpg 
またのんびり来たいねぇ。 
3日目はアップダウンの激しい道程を経て平久保埼灯台を目指すことにした。

P1030878_convert_20170314170658.jpg  P1030889_convert_20170314170724.jpg
石垣島の形は宮古島とよく似ている。その最北端の半島を縦断する。
宮古島と違って大きな橋もないがUpDownが激しい。景色は良いし海もきれい。のんびり走行。

P1030951_convert_20170314171046.jpg  P1030952_convert_20170314171113.jpg
素朴な地元の平久保小学校前で休憩。
校門のすぐ脇に「石垣市民憲章」碑が建てられていた。「教育勅語」よりよほどいい。書き留めてきた。
 
私たちは、黒潮と太陽にはぐくまれ、詩の国、うたの国 郷土石垣市に誇りを持ち、
みんなで明るい豊かな住みよい町をつくるために、この憲章を定めます。
 一. 私たちは、互いに敬愛し、社会のきまりを守り「平和な町」「親切な町」づくりにはげみます。
 一.私たちは、対話を深め、スポーツを盛んにし「教育の町」「健康の町」づくりにはげみます。
 一.私たちは、美しい自然と郷土文化を守り育て「文化の町」「観光の町」づくりにはげみます。
 一.私たちは、力をあわせて働き、黒潮と太陽の恵みにこたえ「産業の町」「美しい町」づくりにはげみます。 


P1030906_convert_20170314170847.jpg  P1030913_convert_20170315120755.jpg
急な坂道をダンシングでようやく最北端平久保埼へ到達。
だがすぐには灯台が見えない。バイクを押してさらに坂を上ると岬の先に平久保灯台が控えめに雄々しくたっていた。

P1030948_convert_20170314170941.jpg  P1030930_convert_20170314170909.jpg
帰路、灯台下で「呼び込み」してたのお兄さんのレストラン「SevenCollars」で石垣島牛丼」をいただく。(1,200円也)

P1030950_convert_20170314171016.jpg  P1030921_convert_20170314174333.jpg
じつに綺麗で景色のよいレストランであった。
なかなかの絶景美形のお店である。また来年くるぜと軽い口約束。

P1030966_convert_20170314171147.jpg  P1030969_convert_20170314171213.jpg
行きもきついが帰りもきついUpDown。石垣和牛の放牧地で休憩しながら復路をたどる。

P1030984_convert_20170314171244.jpg  P1030988_convert_20170314171328.jpg
気温も高くなんと27度。ヘロヘロになりながらも気持ちのいいポタライドであった。

P1030991_convert_20170314171355.jpg  P1030993_convert_20170314174353.jpg
ホテルへ帰着後、夕暮れを待って予約しておいた料亭「舟蔵の里」へ。いそいそと出かけた。

P1040001_convert_20170314171429.jpg  P1040002_convert_20170314171454.jpg
地元の泡盛をボトルで戴く。残ったらお持ち帰りと思っていたが見事完飲。
サッパリサラダも酒をそそる。

P1040006_convert_20170314171515.jpg  P1040013_convert_20170314171552.jpg
品数豊富な南海の海鮮盛りは目いっぱいのおいしさ。グラスの泡盛もすぐ空に。

P1040014_convert_20170314171616.jpg  P1040016_convert_20170314171638.jpg
沖縄民謡に酔いもクライマックスへ。
サー 君は野中のいばらの花か サーユイユイ
暮れて帰れば やれほにひきとめる  マタハーリヌ チンダラカヌシャマヨ

P1040028_convert_20170314171700.jpg  P1040044_convert_20170314171723.jpg
締めは海ぶどうと島ラッキョウ。もう飲めない
ホテルへは南海千鳥足&Down。Upはない。
(料金は正確には不明だが2人で1万円でつりが来た)
石垣島の夜明けは関東との時差なのか遅い。
昨夜早く寝たために4時には目が覚めたが外は真っ暗。

P1030827_convert_20170314155924.jpg  P1030835_convert_20170314155950.jpg
安定しない不安な天候だがホテルのバイキング朝食後即START。絶景地川平湾を目指す。

P1030838_convert_20170314160023.jpg  P1030847_convert_20170314160733.jpg
前半は平坦な東シナ海海岸線を進む。天気も陽が差してきて快適だ゛。

P1030848_convert_20170314160054.jpg  P1030851_convert_20170314160126.jpg
川平湾の美しい砂と海にウットリ。プロ風のカメラを持った女史にシャッターを依頼。

P1030853_convert_20170314160152.jpg  P1030859_convert_20170314160214.jpg  
平離島を眺められる川平石崎へ。ちょっぴりアップダウン。
昨夜の雨が脇の小山からシミ出できていて路面は水カガミ状態。しぶきが火照った向う脛を冷やしてくれる。

P1030861_convert_20170314160240.jpg  P1030862_convert_20170314160306.jpg
川平幼稚園・小学校・中学校の併設校。 そして石垣牛の放牧地。
このころより雲行きが怪しくなってきてホテルへ急いで引き返すことにした。

P1030870_convert_20170314160846.jpg  P1030865_convert_20170314160822.jpg
ホテルに着く直前に料亭「舟蔵の里」へ逃げ込んで雨宿り的な遅い昼食をとることにした。
八重山そばの味噌味と石垣牛ヒレカツ定食をいただく。(980円と1,100円)
やっぱりこちらのそばは「メリケン粉」的なうどんだがカツは最高に旨かった。

P1030864_convert_20170314160334.jpg  P1030876_convert_20170314160412.jpg
夕食もここでと申し出たが本日は満杯とか。あすの夜の予約してから退散。
ホテルで風呂を浴びてからまたもやコンビニにて買い置きの泡盛で深酒就寝。Down。
  
1年ぶり3回目の石垣島での個人合宿である・

P1030720_convert_20170314152631.jpg  P1030728_convert_20170314152656.jpg
早朝の4時、我が家をマイカースタート・。羽田第一パーキングへ駐車。4日間で駐車料金6,000円、二人だと往復交通費と大差ない。早朝&夜行便の機動性が勝つかな。
羽田出発ロビーでまずは朝食「一口屋」。(980円)
JALカウンターでクラスJ席をゲット、差額1,000円支払い。フライト6時40分 

P1030768_convert_20170314152721.jpg  P1030793_convert_20170314152753.jpg
富士山を右上からに見降ろして。雲いきが怪しい。3時間半後案の定石垣島は雨の中。

P1030803_convert_20170314152822.jpg  P1030812_convert_20170314152850.jpg
豪雨。自転車はあきらめてトヨタレンタカービッツを借りて石垣島鍾乳洞観光へ。

P1030816_convert_20170314152946.jpg   P1030820_convert_20170314153014.jpg
あの秋吉台にも匹敵する見ごたえある海中鍾乳洞だ。
外に出てもあまりの雨に行動力消失。市内に戻ってホテル「グランビュー石垣」の和食どころで寿司ランチ(1,580円)

P1030821_-_繧ウ繝斐・_convert_20170314153043  P1030823_convert_20170314153120.jpg
早々にホテルにチェックイン。「ホテルロイヤルマリンバレス石垣島」
間取りは3ルーム、寝室は2ルーム4ベットでリビングも広い。先ずは明日の好天を願いつつコルナゴ君を組み立て。

夕食はコンビニお惣菜でウヰスキーハイボールと泡盛。朝までぐっすりDown。
素晴らしきかな、人生 英題:COLLATERAL BEAUTY 上映時間:1時間37分
ウィル・スミスを筆頭に豪華俳優陣が出演するが・・・

6403.jpg  6401.jpg
ストーリー
広告代理店の代表として成功してきたハワード(ウィル・スミス)だったが、愛する人を失ったのを機に仕事も私生活もままならなくなってしまう。やがて会社の業績も悪化し、社員たちも気が気ではない。そんな中・・・

640.jpg  6404.jpg
完走いや瀕死の落車
英語がわからなくったってその深刻さは伝わっては来るがAllNothing。なんにも印象に残らない。
金ね返せどころかウィル・スミス他著名な俳優の無駄遣い。
2月5日(日) 集団検診
P1030116_convert_20170206102609.jpg  P1030118_convert_20170206102636.jpg
八潮中央病院

2月9日(木) 甲府HANAZONO往路

P1030151_convert_20170213172529.jpg  P1030144_convert_20170213172505.jpg
武田神社

復路
フルーツパーク富士屋ホテル日帰り温泉

P1030164_convert_20170213152728.jpg  P1030162_convert_20170213152702.jpg



2月12日(日)
東京都トラック協会北支部交通安全祈願

P1030227_convert_20170213153342.jpg  P1030270_convert_20170213153433.jpg
横浜ベイブリッジ経由

P1030257_convert_20170213153412.jpg  P1030272_convert_20170213153459.jpg
鶴岡八幡宮参拝

!cid_5A24CB48-5D1C-42F8-BFD9-6ADCBFD47461.jpg  P1030281_convert_20170213155607.jpg
鎌倉「小町通り」散策

P1030312_convert_20170213153647.jpg  P1030300_convert_20170213153559.jpg
料亭北鎌倉「鉢の木」
P1030309_convert_20170213153528.jpg  P1030310_convert_20170213153623.jpg
P1030305_convert_20170213155718.jpg  P1030301_convert_20170213155653.jpg

P1030315_convert_20170213155743.jpg  P1030322_convert_20170213153745.jpg
江の島散策

2月11日
韮崎ふるさと納税2回目
清哲中谷米

P1030355_convert_20170219121335.jpg   P1030351_convert_20170219121630.jpg

2月18日(土)
60周年記念感謝のつどい反省会&慰労会

浅草「バンキーナ」
P1030367.jpg  P1030369_convert_20170219115801.jpg

2月25日(土) 独りポタRide
越谷→関宿→利根川→運河
P1030450_convert_20170314105756.jpg  P1030466_convert_20170314105824.jpg

P1030470_convert_20170314105905.jpg  P1030505_convert_20170314105937.jpg

2月26日(日)江戸川ポタ
水元公園→江戸川→染谷うなぎ→水元公園
P1030533_convert_20170314110001.jpg  P1030538_convert_20170314110028.jpg

P1030556_convert_20170314110054.jpg  P1030609_convert_20170314110119.jpg

若者と新年会柏
P1030618_convert_20170314110209.jpg  P1030617_convert_20170314110145.jpg