>
ボタな自転車海苔

ロードレーサーnebaneba
ボタリングロード暦5年余
育ち盛りの自転車海苔・・今後の成長に乞うご期待 
P1120100_convert_20171128144532.jpg  P1120103_convert_20171128144610.jpg

P1120137_convert_20171128144653.jpg  P1120170_convert_20171128144739.jpg
P1120085_convert_20171128135017.jpg  P1120082_convert_20171128134928.jpg


P1120094_convert_20171128135728.jpg  P1120070_convert_20171128134851.jpg
P1120059_convert_20171128134032.jpg  P1120064_convert_20171128134108.jpg
P1110909_convert_20171128133026.jpg  P1110915_convert_20171128133104.jpg


P1110900_convert_20171128133002.jpg P1110923_convert_20171128133215.jpg
10月15日

P1110830_convert_20171128113659.jpg  P1110837_convert_20171128113736.jpg

P1110860_convert_20171128113854.jpg  P1110855_convert_20171128113814.jpg

P1110865_convert_20171128114915.jpg  P1110868_convert_20171128131320.jpg

P1110882_convert_20171128131434.jpg  P1110878_convert_20171128131352.jpg
 
10月14日土曜日
P1110829_convert_20171128113153.jpg
夏日のような陽に浮かれて久々に財務大臣のお供で牛久までランチポタに出かけた
P1110665_convert_20171013113120.jpg  P1110701_convert_20171013113149.jpg
小貝川左岸CRを下る

P1110728_convert_20171013113256.jpg  P1110743_convert_20171013113326.jpg
途中シクロクロス国際レディースの競技を見物。

P1110718_convert_20171013113221.jpg  P1110754_convert_20171013113356.jpg
のんびりポタコスモス

P1110772_convert_20171013113506.jpg  P1110766_convert_20171013113441.jpg
シャトーカミヤに到着。電話にて事前予約がいっぱいであることは承知ではあったがそれでもとレストランに。
CANNONとオエノンの両方とも団体等で目いっぱい。2時間待ちとか。

仕方なしにウナギランチに切り替えるべく踵を反すことに。
馴染みのシェフもすまなそうに我々を見送ってくれた。

P1110779_convert_20171013113541.jpg  P1110782_convert_20171013113814.jpg
牛久沼のかつてのうなき通りの賑わいは今ではウナギ店は3店だけ。
思い切ってそのうちの最高級店のスロープにに自転車を括りつけた。

P1110786_convert_20171013113916.jpg  P1110792_convert_20171013113607.jpg  
店内はなかなの普請。地元出身の横綱稀勢の里のデスプレーも豊富
立派なうな重は4,300円也、財務大臣とは今日限りの割り勘とした。

P1110810_convert_20171013113632.jpg  P1110817_convert_20171013113701.jpg
満腹のお腹替えて再び小貝川CRを
沈下橋でしばし休憩してゆっくりご帰還と相成った。
第10回夢舞マラソン&ポタリング2017 のボランティア立哨
今年のテーマは「江都を駆ける」

マラソンとポタリングは 四谷中学校をスタートして、迎賓館を皮切りに東京ミッドタウンの中を抜け、麻布十番、4月に開業したGINZA SIX、月島もんじゃ通り、スポーツの神様 亀戸香取神社、 山谷堀、東京西洋美術館、谷中、根津、千駄木、神楽坂を経由して四谷中学校に戻る約42.1kmのコースを設定た。

今日はその立哨ボランティァに参加した。

P1110570_convert_20171013103027.jpg  22279596_1464276293650456_7150757534275430463_n.jpg
四谷中学校のグラントに参加者があふれかえる。ボランティア全員と記念撮影。

P1110591_convert_20171013105100.jpg  P1110583_convert_20171013103056.jpg  
ボランティアのミーティング。

P1110593_convert_20171013103229.jpg  P1110613_convert_20171013103256.jpg  
スタート前のセレモニー。韓国からの参加者も。

P1110617_convert_20171013103121.jpg  P1110629_convert_20171013103154.jpg  
9時マラソン&ポタ同時スタート。 私はのんびり30㎞地点の立哨地点上野寛永寺付近へ向けてスタート・。

P1110651_convert_20171013103401.jpg  22221498_1459923974086198_1266120247515837354_n.jpg
進行方向を示すポスターをガードレールに括りつけたコルナゴ君に張り付けて準備。
一つ手前の東京芸術大学分岐で立哨するMさんと談笑。

22279558_1464416950305465_8942732162447226740_n.jpg  22310488_1464861010258651_473181820477054153_n.jpg 
ランナーの応援と道案内。これもなかなか楽しい。

P1110653_convert_20171013103427.jpg  P1110658_convert_20171013103509.jpg
ポタリング最終組と撤収。ゴール地点へ帰還。GOALしてくるマラソン走者を迎える。

楽しく過ごすことができた一日であった。

午前4時起床。 ああ飲み過ぎか頭痛あり。
気温9度 寒む。

P1110397_convert_20171003150911.jpg  P1110405_convert_20171003151000.jpg
大船渡湾はまだ明けきれていない。 6時集合。

P1110411_convert_20171003151037.jpg  21616376_1499794303431272_1756824218191287114_n.jpg
開会セレモニー
陸前高田戸羽 太市長/ツール・ド・三陸 実行委員会名誉会長 の開会あいさつ
片山 右京 さん(グッド・チャリズム宣言プロジェクト・リーダー) や日向 涼子さん(ヒルクライマーモデル) 等の紹介

P1110424_convert_20171003151124.jpg  P1110456_convert_20171004101459.jpg
片山右京三とツーショット。 高田郵便局長ご一行とも記念のショット。

P1110464_convert_20171003151232.jpg  P1110472_convert_20171003151305.jpg
日向 涼子さんにもおねだりの記念撮影。

そして午前9時ファミリーコース (距離20.9km、獲得標高85m、上り平均勾配3.6%)のスタート。
私は6組目を担当。

コースは
陸前高田市コミュニティホール:栃ヶ沢公園 → 国道340号線(歩道通行) → 一本松茶屋前 → 国道45号線 (歩道通行)→ 北野神社今泉天満宮前 → 矢作町市道 → 陸前矢作駅(付近折り返し) → やまびこの家・下矢作多目的研修センター(エイドステーション)→ 矢作町市道 → 国道45号線 (歩道通行)→ 一本松茶屋前 → 国道340号線(歩道通行)→ 栃ヶ沢公園

P1110474_convert_20171003152046.jpg  P1110478_convert_20171003151336.jpg
途中工事中個所等の危険回避で歩道走行や自転車降りての歩行もあり。

P1110483_convert_20171003151401.jpg  P1110489_convert_20171003151432.jpg
沿道では地元の方々の温かい声援がうれしい。

P1110502_convert_20171003151537.jpg  P1110499_convert_20171003151501.jpg
津波襲来以降廃線となった鉄路に自己主張するかに咲くコスモスが健気だ。

P1110531_convert_20171003154332.jpg  P1110506_convert_20171003151608.jpg  
地元青年のコスチュームチーム軍団とともにやまびこの家・下矢作多目的研修センターに到着。

P1110511_convert_20171003151631.jpg  P1110517_convert_20171003151659.jpg  
やまびこの家エイドステーションでは地元主婦の接待がうれしい。

P1110521_convert_20171003151727.jpg  P1110536_convert_20171003151758.jpg  
みんなで記念撮影して盛り上がる。私は鼻の下を長くする。

P1110546_convert_20171003151829.jpg    P1110549_convert_20171003151900.jpg
日向 涼子さんと6組のメンバー全員で記念撮影後復路につく。

P1110562_convert_20171003152006.jpg  P1110553_convert_20171003151939.jpg
ゴール後は記念品の地元製のバームクーヘンの参加証と完走証をいただいて解散。

当日の参加者1,500名
(剛脚もののけコース 100名、健脚Mountain 400名、健脚(A/B) 750名、ファミリー 250名)
                                                 9月30日
第6回ツールド三陸in陸前高田
あの震災から6年を経過し6回目被災地復興支援ライド

私自身第一階の大会からここ陸前高田の復興を見続けてきてはいるが、その速度は牛のあゆみよりも遅いという実感を持ち続けている。復興途上にある現地を見るたびに胸が痛む。

越谷発0時30分、東北道ひた走り陸前高田着8時
カーテレビで「ひよっこ」の最終回を観られた。

P1110354_convert_20171003134352.jpg  P1110347_convert_20171003134322.jpg
さてと、今年はあの津波ですべてを流された街の上に盛り土をしたその上に「アバッセたかた」という商業専門店街がオープンし開業していることに一縷の望みの光が見えたことに胸をなでおろした。

P1110357_convert_20171003134443.jpg  P1110356_convert_20171003134419.jpg
だがまだまだ復興途上陸前高田。
その意を込めての「ツールド三陸」。今年は私はボランティアライダーとして参加した。

P1110367_convert_20171003134537.jpg  P1110362_convert_20171003134513.jpg
受け附けを済ませてコースの試乗へ。
途中驟雨に見舞われ半ばにして引き返す。

P1110376_convert_20171003134709.jpg  P1110373_convert_20171003134638.jpg  
前日セレモニーや前夜祭をパスして震災&津波の跡地に再建された大船渡のホテルへ直行し風呂とシャワーで濡れた体を温めた後は缶酎ハイ2本で眠りに落ちた。

P1110369_convert_20171003134612.jpg  P1110378_convert_20171003134737.jpg
気が付くと21時30分。
空腹を満たすためにホテルに隣接するこれも被災後に新設された食堂街へ。

P1110392_convert_20171003134830.jpg  P1110384_convert_20171003134804.jpg
「そば屋」の暖簾を付けた居酒屋でいい出会いをした。
大衆酒場「オオフナトのケムリ」という変てこなネーミング。店長は「めぐみ」さん
よく働く3人の店員さんとその常連の親爺と意気投合し、看板過ぎの0時半まで飲んでしまったものだ。

ヤバイっ明日は4時半に起きて6時集合だァ