>
ボタな自転車海苔

ロードレーサーnebaneba
ボタリングロード暦5年余
育ち盛りの自転車海苔・・今後の成長に乞うご期待 
昨夜までの雨は上がったもののどんより曇り空
佐渡ロングライドまでに体慣らしにポタライド決行。

P1040903_convert_20170516100037.jpg  P1040920_convert_20170516100104.jpg
小貝川福岡堰からスタート。いくつかの沈下橋を右に見て左岸を南下。

P1040939_convert_20170516100131.jpg  P1040941_convert_20170516100157.jpg
つくばみらい市にある間宮林蔵生家 間宮林蔵記念館に立ち寄り。
この辺りの小学校にはこの間宮林蔵像が必ずある。二宮尊徳は不在。

P1040945_convert_20170516101807.jpg  P1040958_convert_20170516101831.jpg
ワープステーション江戸を目指すがその途中で板橋不動尊に立ち寄り

P1040972_convert_20170516100228.jpg  P1040975_convert_20170516100257.jpg
「ワープステーション江戸」は、時代劇のオープンセットが立ち並ぶ、国内でも有数の 野外型ロケ施設。
江戸時代はもちろんのこと、戦国から昭和までの幅広い時代設定 が可能とか。

P1040980_convert_20170516100326.jpg  P1040999_convert_20170516100353.jpg
ここでは、お堀や太鼓橋、戦国砦や城郭、長屋や旅籠等等々、豊富な景観が見られる。
主にNHKの時代劇のロケ地となっているようだ。

P1050059_convert_20170516100529.jpg  P1050018_convert_20170516100425.jpg
シャトーカミヤもきれいに復旧していつ来ても素晴らしい。

P1050023_convert_20170516100501.jpg  18422214_1326791264066137_8875779992780471374_o_convert_20170516100547.jpg
本日のMAINEデッシュはレストランCANNONのフレンチ。ちょっと贅沢。

P1050044_convert_20170516100623.jpg  P1050055_convert_20170516100646.jpg
満腹のはらを抱えて牛久市役所前の稀勢の里の応援幟を見上げて今場所の優勝祈願。

P1050087_convert_20170516100717.jpg  P1050098_convert_20170516100738.jpg
国道6号を経て小貝川右岸から帰還。
走行距離70㎞
トレーニングにしてはちょっとどころかだいぶポタ。
映画「追憶」
富山県警捜査一課の四方篤を岡田准一:が主演

358365_002.jpg  358365_001.jpg
ストーリー
主人公の刑事が殺害現場で遺体となった幼なじみと対面し3人の男の封印された過去が次第に明かされる。
主人公の旧友に小栗旬と柄本佑、ほかに長澤まさみ、木村文乃らが共演。
友人の死をめぐって現在と過去が交錯する展開。

358365_006.jpg  358365_005.jpg
完走
重く暗く濃密なミステリーなドラマ仕立
ラストはちょっと泣けるがもっと泣けていいと思うのだがイマイチ押しに欠ける。

時効とはいえ25年の人生に重い影を落す。その償いはあれでいいのかと疑問も。
前日不動峠に懲りて本日はシャトーカミヤへランチライド

P1040593_convert_20170502120727.jpg  P1040599_convert_20170502120746.jpg
小貝川左岸を下る・平坦路が市場快適だね・

P1040622_convert_20170502120811.jpg  P1040634_convert_20170502120832.jpg
6号線から牛久へ。6年前の震災で大きく被害を受けたシャトーカミヤは完全復活の姿を見せてくれた。

P1040654_convert_20170502120917.jpg  P1040650_convert_20170502120856.jpg
レストラン「オエノン」でビーフを奮発。でもハンバーグの方が旨いと思うな。

P1040655_convert_20170502120936.jpg  P1040663_convert_20170502121002_201705021219137de.jpg
牛久町役場に寄ってみたが「稀勢の里」の幟旗はなかった。場所中のみの旗揚げとか。
帰り道小貝川畔の乗馬クラブの練習に遭遇。

P1040665_convert_20170502121023_201705021219145d1.jpg  P1040670_convert_20170502121048_20170502121908f0d.jpg
岡堰ではなんやらイベント、立ち寄ってみたが「間宮林蔵翁」像しか興味わかなかった。

P1040687_convert_20170502121119.jpg  P1040692_convert_20170502121210.jpg
時間たっぷり余裕綽々のポタライド、最後は沈下橋でまたまたき休憩。
乗んびりの一日であった。
平成28年8月末から不動峠が通行止めとなっていたが開通したという。
来月の佐渡ロングライドに備えて財務大臣を特訓に誘いだした。

P1040504_convert_20170502110038.jpg  P1040511_convert_20170502110105.jpg
麓にはまだ通行止めの看板????
すれ違うライダーに聞いた「上まで登れます。」の回答。確かに決壊場所は綺麗に修復されていた。

P1040525_convert_20170502110124.jpg  P1040529_convert_20170502110156.jpg
久々の不動峠きつかったぁ。若者ライダーは16分で登ったとか。若いって良いねぇ

P1040532_convert_20170502110220.jpg  P1040534_convert_20170502110241.jpg
つつじが丘まで登るつもりが風返し峠で筑波山神社方面へダウンヒルと決めた。疲れたよ。

P1040538_convert_20170502110311.jpg  P1040542_convert_20170502110334.jpg
いつものように神社入り口の土産物店「むらさき」でとろろそば・

P1040550_convert_20170502110402.jpg  P1040554_convert_20170502110710.jpg
鳥居をくぐって更にダウンヒル。筑波「かりんとう饅頭」をパクつく。

P1040557_convert_20170502110447.jpg   P1040571_convert_20170502110509.jpg
筑波駅跡からはリンリンロードを快走

P1040577_convert_20170502110602.jpg   P1040587_convert_20170502110627.jpg
山桜の並木をルンルン。平沢遺跡で休憩&終了
来月の佐渡ロングライドに向けてまずは足慣らしにちょっとだけライド。

P1040448_convert_20170424113454.jpg  P1040458_convert_20170424113551.jpg
関宿城発利根川左岸から25キロ先の渡良瀬遊水地谷中湖を目指す。

P1040465_convert_20170424113643.jpg  P1040463_convert_20170424113618.jpg
腹が減ってはと谷中湖は通り過ぎて東武柳生駅近くのおなじみウナギ店「丸一」に直行

P1040472_convert_20170424113732.jpg  P1040450_convert_20170424113524.jpg  
さて、谷中湖一周

P1040468_convert_20170424113704.jpg  P1040476_convert_20170424113754.jpg
とはいっても満腹の重たい体はランを許さず暫し木陰で食後の休憩。

P1040485_convert_20170424113817.jpg  P1040492_convert_20170424113911.jpg
渡良瀬川左岸CRから利根川左岸CRを経て関宿城帰着、50㎞のボタトレーニングでした。
天気晴朗なれどちょっと肌寒い一日であった。向かい風が冷たい復路であった。
4月1日(土) 浅草花見
P1040228_convert_20170403173254.jpg  P1040245_convert_20170403173407.jpg
浅草バンキーナ

P1040232_-_繧ウ繝斐・_convert_20170403173344  P1040230_convert_20170403173317.jpg
真冬のような寒い雨の一日でした。 立食飲み放題6,000円コース

4月2日(日) 
P1040255_convert_20170403173434.jpg  P1040259_convert_20170403173456.jpg
花見に出かけようにも寒くてベランダにて角ハイタイム   肴は大阪の姉の手作りイカナゴの佃煮

4月22日(土)新小学1・2年生トラック交通安全教室
P1040421_convert_20170424112446.jpg  P1040400_convert_20170424112426.jpg
王子柳田小学校・東京都トラック協会北支部・警視庁王子警察署

P1040396_convert_20170424112401.jpg  P1040432_convert_20170424112508.jpg


4月22日(土) 隅田川観葉桜会
浅草レストランバンキーナ
P1040443_convert_20170424112944.jpg  P1040446_convert_20170424113021.jpg
旧職のパートさんと
高校卒業してから52年、伊那北高校18回生同期が古希を迎えて隅田川の屋形船で花見をした。
称して「古希特別企画屋形船花見の宴」
P1040279_convert_20170410140341.jpg  P1040290_convert_20170410140502.jpg
4月8日お釈迦様の誕生日13時。 集合場所 浅草雷門前 浅草文化観光センター8 階屋上展望室。

P1040284444444444.jpg  P1040306_convert_20170410140524.jpg
乗船14 時 吾妻橋桟橋(浅草の対岸) 集合場所から全員でゆっくり徒歩移動 34名の参加者

P1040355_convert_20170410141100.jpg  P1040310_convert_20170410140549.jpg
屋形船「池上」の 船上花見の宴 (飲み放題付)

P1040337_convert_20170410140707.jpg  P1040335_convert_20170410140642.jpg
旧交温め近況報告そしてさあ吞め飲め。 卒業して初めて再会した者もある。

P1040318_convert_20170410140614.jpg  P1040338_convert_20170410140728.jpg
会費 1 名につき11,000 円 酒はセルフで飲み放題。 肴はあるだけ食べ放題。

P1040346_convert_20170410140902.jpg  P1040342_convert_20170410140837.jpg
沿岸の桜も満開。それに高校時代のよもやま話に花が咲く。。

P1040341_convert_20170410140813.jpg  P1040339_convert_20170410140749.jpg
すっかり52年前にタイムスリップして「70歳の少年」がはしゃぐ。

P1040347_convert_20170410140959.jpg  P1040348_convert_20170410141039.jpg
16時30分とりあえず締めて下船。

P1040359_convert_20170410141125.jpg  P1040361_convert_20170410141147.jpg
◆二次会 は 麦とろ にて小パーティーなり26名参加    麦とろ最上階にて2時間 2,000円 乾き物で飲み放題。

その後更に神谷バーで3次会。
どうやって帰ってきたのかタクシーが我が家の前に止まっていて運転手さんに起こされてのご帰還。
3月6日(月) 石和かんぽの宿
P1030625_convert_20170314151802.jpg  P1030627_convert_20170314151834.jpg

P1030626_convert_20170314151941.jpg  P1030638_convert_20170314151915.jpg


3月7日(火) 上野紀一氏国土交通大臣賞受賞祝い
P1030707_convert_20170314150327 - コピー  P1030708_convert_20170314150358 - コピー

P1030686_convert_20170314150425 - コピー  P1030692_convert_20170314150600 - コピー

3月15日(水) 王子豊島「砂場にて」
P1040164_convert_20170322094342.jpg  砂場

3月16日(木) 鉢植えサクランボ開花
17240420_1272392006172730_559433275424799955_o.jpg  17309723_1272392009506063_3567977215012031875_n.jpg


3月19日(日) 石和 慶山甲斐路
いさわ  2石和


3月28日(火) 韮崎あゆみの家帰路<
P1040202_convert_20170403173106.jpg  P1040203_convert_20170403173128.jpg


3月31日(金) 草加葛西用水開花
P1040221_convert_20170403173220.jpg  P1040215_convert_20170403173159.jpg
まだまた2分咲き 寒いいっ。
映画「チア☆ダン」 上映時間:2時間1分
2009年に福井県立福井商業高等学校チアリーダー部 JETS がアメリカのチアダンスの大会で優勝した実話をベースにした青春ムービー。

358397_001.jpg  358397_005.jpg
ストーリー
福井県立福井商業高等学校チアリーダー部 JETS がアメリカの大会制覇に燃える顧問の女教師の厳しい指導と練習に切磋琢磨しながらチアダンスに打ち込む姿を描く青春賛歌。

2009年に福井県の高校チアダンス部が、アメリカのチアダンスの大会で優勝した実話をベースにした青春ムービー。
358397_003.jpg  358397_002.jpg
完走
私は高校時代柔道部に在籍した時は講道館を目指し、野球部にいた時は甲子園を目指していた。
しかしこの映画の女子高生等は世界を目指していた。
その時代というか世代とのギャップに負い目を感ずるとともに若者の無限の可能性に挑戦する姿に元気をいただいた。
久々の感涙映画。

あっという間の4日間
はや「帰国」の朝

P1030826_convert_20170314174422_2017031418204133f.jpg  P1040054_convert_20170314181222.jpg
もう一つのベットルームに鎮座していたコルナゴ君用の段ボールで荷造りしてヤマト便にて発送。
運賃6955円/1台 保険料1万円につき10円。
幸いに天気もいい。飛行機の出発まで島見物することにした。

P10400533333333333333333.jpg  P1040069_convert_20170314181445.jpg
ホテルのの脇の公園となんやら地元の著名な音楽家の記念ステージ。
このレンタカーが島の移動手段、トヨタに感謝していざ島見物。。

P1040055_convert_20170314181249.jpg  P1040056_convert_20170314181312.jpg
まずは島の古民家展示施設の「やいま村」へ。
南国の綺麗な花が咲き乱れていてのんびりできる・・・と思いきやなぜか中国人の集団の「騒音」ともいえる大声の会話に唖然騒然。

P1040057_convert_20170314181349.jpg  P1040114_convert_20170314183231.jpg
どうも台湾の大型クルーズがこの島に寄港しているらしい。
シーサーが民家を守っている。日本も防衛してね。

P1040062_convert_20170314181419.jpg  P1040074_convert_20170314181513.jpg
石垣国際港には台湾からの豪華客船が寄港中。街に観光地に中国人が溢れていて「にぎやか」過ぎ。
石垣「離島たーみなる」からフェリーで竹富島へ渡ることにした。乗船時間15分。

P1040105_convert_20170314181559.jpg  P1040094_convert_20170314181535.jpg
環境・建物等が規制されている集落を水牛車で巡回観光。のんびり「牛歩」散策だ。
途中で水牛は体温下げるためにシャワー休憩。

P1040107_convert_20170314181632.jpg  P1040092_convert_20170314183324.jpg
この水牛は15歳の雌で「由美子」。 人間でいうと45歳の熟女とか。
安里屋ユンタ発祥の屋敷  サーユイユイ マタハーリヌ チンダラカヌシャマヨ。

P1040126_convert_20170314181656.jpg  P1040141_convert_20170314181728.jpg  
観光牛車の運営バスに送られて竹富島から再度フェリーで石垣島へ
のんびり観光、そして石垣市内での海鮮食堂でたっぷり海鮮寿司(980円)をいただいてから空港へ。

P1040144_convert_20170314181748.jpg  P1040128_convert_20170314181818.jpg  
トヨタレンタへビッツを返却 ガソリン代1,700円也。
サメの飛行機とシーサーに見送られて島を後にするのでした。
夜間飛行の羽田直行便19時20分発。帰りはジェット気流に乗って2時間半。

P1040129_convert_20170314181844.jpg  P1040133_convert_20170314184320.jpg 
またのんびり来たいねぇ。