> 映画「ザ・タウン」

映画「ザ・タウン」

ここでは、「映画「ザ・タウン」」 に関する記事を紹介しています。
強盗団のリーダーと人質女性の愛を軸に、犯罪都市に生きる者たちの生きざまが描かれる。
英題: THE TOWN
上映時間: 2時間5分
ロードレーサーnebaneba」同時掲載
originalザ・タウン  338015_007ザ・タウン
ストーリー
綿密な計画を立て、ある銀行を襲撃したプロの銀行強盗一味のリーダー、ダグ(ベン・アフレック)は、
思わぬ事態から支店長のクレア(レベッカ・ホール)を人質に。

その後クレアは無事解放されるが、強盗たちの影におびえる日々を過ごす。
そんな中、彼女は魅力的な男性に出会うが、その男性こそが自分を人質にしたダグだった。
338015_008ザ・タウン  sub2_largeザ・タウン
完走
犯罪映画を礼賛するわけではないが、FBIの追っ手から主犯が逃れて欲しいと言う
気持ちを見る側に与える。
人を傷つけない、殺さないという「正義感?の」ダグのポリシーに触れるからであろう。

しかし、そうそう犯罪が長く続くはずがない。
やがて足を洗うことになるであろう。
sub3_largeザ・タウン  sub1_largeザ・タウン
犯罪者とその被害者が恋仲になる。あり得ないことが映画では設定できるからスリリングだ。
やがて、どうなるか、二人が後世仲良く暮らしていきました・・・てなことになったら
これまたブーイングものであるが。

物語はその辺のとこを観る側の想像力に制作を委ねている。
スリルと、男と女の人間としての葛藤をうまく表現している。

暇つぶしにはお勧め映画だね。

この記事へのコメント
2回観ました。

これぞハリウッド!という秀作でした。

ラストでかたぎになろうとする男が殺されるのが韓国映画だけど、後味悪いですよ。

何百人ものFBIに包囲されて、最後の最後に主人公が脱出するのがハリウッド。敗北の美学なんだけど、救いがありますよね。
2011/02/15(火) 16:53 | URL | フリー #-[ 編集]
> 2回観ました。

コメント感謝です。
2度も観られたとは、すごいね。

確かにラストの印象とか余韻で
もう一度観たいとか、
落ち込むとか
ありますよね。
2011/02/16(水) 04:19 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック