> 「本懐!赤穂浪士引き揚げルートを走る」 ****本編 第二部

「本懐!赤穂浪士引き揚げルートを走る」 ****本編 第二部

ここでは、「「本懐!赤穂浪士引き揚げルートを走る」 ****本編 第二部」 に関する記事を紹介しています。
永代橋東詰の「赤穂浪士休息の地」乳熊(ちくま)味噌の前には碑があり、
当時四十七士は、乳熊の主人から甘酒粥の振る舞いを受けたとある。
我々もこの日泉岳寺の境内で甘酒を求めることとなますが・・・・・。

さて、→「永代橋」から城内へとコースをたどる。
P1170692永代橋  P1170696永代橋西
江戸期の永代橋跡→「豊海橋」(日本橋川河口)ちょっと休憩して隅田川を眺める。
→「越前堀児童公園」→「高橋」ーと進む。

→「鐵砲州稲荷神社」→ P1170697鉄砲洲神社 から

→「浅野内匠頭邸跡」へ。
P1170698浅野邸跡  P1170699芥川龍之介生誕の地
現在の聖路加病院が浅野内匠頭邸跡とは、私は初めて知った。
しかもそれが芥川龍之介の生誕の地とオーバーラップするとは歴史のいたずらか。

→「築地本願寺」→「築地場外市場」ここは→通過
築地で寿司食いたかったなあ。場外市場は買い物客で溢れかえっていた&素通り。

断腸亭さん、浪士の時代は寿司食わなかったんですかあああああ・・・・・。
そしてしぶしぶ→「銀座」→「新橋」→旧東海道の裏道へと進む。

P1170700切腹も中  P1170701しんせいどう
→「浅野内匠頭切腹跡」(「切腹最中の新正堂」)
「サイチュウ」ではなく「モナカ」である。
会社でミスしたらここの最中を持参して詫びを入れる・・・という案が同行の士から提案された。
当日は店舗がお休みで購入不可であった。

更に→旧東海道の裏道→「金杉橋」→旧東海道(=現国道15号線)へと進む。
P1170704国道15号②    P1170705国道15号
縦一列の見事な十一士の隊列。15号国道を進む。
P1170706大木戸  P1170711泉岳寺
→「高輪大木戸跡」→を経て「泉岳寺」へ到達。

P1170723線香煙る  P1170726梅
本懐
本日の目的カンツイ。
赤穂浪士四十七基の墓石が一か所に並ぶ。
墓参客?か観光客?か、彼らがそえる線香の煙にむせる境内に寒梅が。

P1170709境内  P1170731甘酒
空には雪雲がすっかり覆い、寒さは一段と増してきた。
土産物屋の甘酒をすすり、前述の「乳熊」での亭主の接待を思い起こして、四十七士の供養をするわれわれ十一士であった。

P1170734風花と防寒  P1170733東京タワー
さてと、泉岳寺を後にしたその時、風花が舞いだした。
これは浪士のエールか、涙の片りんか。
防寒完備のこの装束でもその冷たさは芯まで凍みた。

泉岳寺から→二本榎通り→国道1号線→愛宕通りと進む。
面前に55年の役目を終えんとする江戸塔(東京タワー)を眺めつつ岐路につくのでありました。

P1170735ロイヤルサイクリング  P1170739ロイヤルサイクリング①
→内堀通り(ロイヤルパレスサイドサイクリング)
P1170740ロイヤルサイクリング①再録  P1170741ロイヤルサイクリング②
→「江戸城趾・松の廊下跡」・・赤穂浪士の涙が風花となって舞い落ちて来る中、ここはパス。
P1170746ロイヤルサイクリング⑤  P1170748ロイヤルサイクリング④
ロイヤルパレスサイクリングで十一士は当日最高の生き生きとした走りを見せてくれた。
P1170750ロイヤルサイクリング③  P1170751将門
大手門を右折して  →「平将門首塚」→ 日本橋へ
P1170753日本橋  P1170755三越
→「日本橋」から旧奥州日光街道
日本橋袂、三越の筋向かいの厠前で休息、またしても厠。本日は厠が貴重な存在に。
集結場所の由縁である・・・・。

P1170756柳橋  P1170758終息両国駅

→「柳橋」(神田川河口)
両国橋を渡って両国駅へ。そして厠へ。
寒かったあ。

ここで暫時解散。
私は四ツ木大橋東詰にて本隊と別れて葛西用水沿いに家路を急ぐも、
頭の中は寒風と四十七士の想いが駆け巡り、ヨレヨレで帰宅したnebaneba越谷之守であった。

当時四七士の中の一人吉田忠左衛門は私と同じ数えで64歳、
その吉田に仕えた足軽の寺坂吉右衛門も討ち入りには参加したが泉岳寺に引き上げる際に姿を消す。
それが「最後の忠臣蔵」として生き残り後世にその真実を伝えるのである。

私は今回、このサイクリング企画の途中で脱落はしなかったが、「再々最後の忠臣蔵」として
この「断腸亭企画本懐」を後世に伝えるであろう。

ちなみに寺坂は83歳まで生き延びたとものの本にはある。泉岳寺にその墓石もある。
わたしも83までは生き延びるであろうし、本日の「本懐ツァー」も言い伝えることはできる。
しかし、
後世に言い伝えられるであろう「討ち入り」もやがては「テロ」としてしか伝わらない時代も近い。
「日本人」や「忠義」が希薄になってきた今日それも想像できる・・・・・・・・・

参加剣客名、11名。「氏名(うじな)は断腸亭水元之守の命名による」

テガさん こと テガ手賀之守
しゃあさん こと しゃああずなぶる電動之守
たすけさん こと たすけ流山之守 

dai`sさん こと dai左右衛門  
ジャズさん こと ジャズ之紳
フリーさん こと フリー比須戸衛門 

kaccinさん こと kaccin之丞松戸之守 
103さん こと 103霊諾之守

bunaibuさん こと bunaibu衛門
断腸亭さん こと 断腸亭水元之守
そして私nebaneba こと nebaneba越谷之守 


本日の総走行距離 77.79kmでした。
この記事へのコメント
いやはや...名調子ですねー。一気に読み進めました。
しかも、切腹最中のレポートまで!!
すごいですねこれ!ホントに餡が飛び出ているし
詫び入れ用じゃなくて自分で食いたいです(笑)

>「討ち入り」もやがては「テロ」としてしか伝わらない時代も近い。

う~ん。なんかそんな気がホントにしていますよ。シミジミ。
2011/02/02(水) 01:48 | URL | たすけ #bV8DUnag[ 編集]
コメント感謝
写真ばかり多く長々となりました。
お付き合いいただきありがとうございます。
「切腹最中」を機会あったら仕入れて来たいと思っています。

第2回渡良瀬ミーティング応募しました。
2011/02/02(水) 06:41 | URL | nebaneba #-[ 編集]
お疲れ様でした、一日ご一緒出来て感謝です。
nebanebaさんの由来も判明、そして想像より大きな方に「お逢いしないと判らないもんだ」と納得しました。
こんなに写真を撮っていたのには気がつきませんで、幾つか頂戴します。
腹切最中のくだりは面白いです。私はこれまで虎屋の羊羹を使っていましたが、これからはこちらにします!
またご一緒lください。

2011/02/02(水) 09:52 | URL | テガ #-[ 編集]
> お疲れ様でした、一日ご一緒出来て感謝です。
こちらこそご一緒戴いて感謝申し上げます。
これからも「めたぼのnebaneba」をよろしくお願いいたします。
写真はご自由にお使いください。

またご一緒lください。
2011/02/02(水) 11:49 | URL | nebaneba #-[ 編集]
nebanebaさん
すばらしい記事、当日が
よみがえるようです。そろそろ
海外に出発準備で慌しくなってきていますが、ブログ拝見しながら次の帰国時
どこへ行こうかと夢を馳せています。
また、ご一緒させてください。
2011/02/02(水) 21:53 | URL | kaccin #mQop/nM.[ 編集]
海外でのお勤めご苦労様です。
またご一緒できる事を楽しみにしております。
こんな老骨ですが是非お付き合いください。
ニッポン、チャチャチャ。
2011/02/02(水) 22:18 | URL | nebaneba #-[ 編集]
まさしく後世に語り継がれるような堂々たる「始末記」だと思います。
写真が実にダイナミックですね。
私は、走りながら撮影するという芸当ができないので、つまらない写真になってしまいます。
今度、大兄にご教授願い、がらがらのサイクリングロードで練習したいと思います。
2011/02/03(木) 17:09 | URL | 断腸亭 #mQop/nM.[ 編集]
下手な鉄砲、種子島、で数撃ってます。
かつてカメラ少年だった遠い昔はのフィルム時代でしたら
もったいなくて撮れなかったでしょうが、
失敗を恐れず撮れるデジカメのおかげです。
「消去」する画像は五萬とあります。
2011/02/03(木) 21:00 | URL | nebaneba #-[ 編集]
nebaneba様
ご一緒させていただき、ありがとうございました。
盛りだくさんの記事を楽しく拝見させていただきました。素晴らしい写真
を何枚か頂戴いたしますことお許しください。
またお会いできる機会を楽しみにしています。よろしくお願いします。
2011/02/06(日) 09:24 | URL | bunaibu #-[ 編集]
後半の寒さには堪えました。
しかし皆さんのお仲間としてご一緒できた事に感謝です。
また一緒に走りましょう。
2011/02/06(日) 22:03 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック