> もう少し正月気分

もう少し正月気分

ここでは、「もう少し正月気分」 に関する記事を紹介しています。
まだまだ正月気分の正月2日
氏神様境内へ

例年参道に居並ぶ屋台の中の一つ唐辛子売りの口上を聞くのが楽しみである。
今年は王子の狐で年明けを迎えた都合上、氏神「久伊豆の杜」を詣でたのは二日となった。

P1170349鳥居

参拝の後、ここの屋台で一年分の唐辛子を仕入れるのが我が家の恒例である。
高名な唐辛子屋から購入するのもいいが、この「テキヤ屋台」の唐辛子がいい。

P1170350唐辛子   P1170351唐辛子
この売り子の「アンちゃん」は16の時にこの世界に足を入れたとか
以後30年余唐辛子売りの口上を述べている。

私に言わせれば、全然成長していないが彼の素朴さに惹かれてここ数年この屋台を目当てにしている。
私は「大辛」で「京風ので山椒を多目」の注文に対して
彼は愚だ愚だと「はい、では大辛あ、一杯二杯」「山椒大さじ一杯」と調合する。

「山椒をもっときつく」という私に対して、
「もう充分山椒が利いています。これ以上きつくしたら辛子の味が消えますよ」

昨年までは私の要望に即対応してくれた彼も
山椒の高価さを認識してきたのか今年は譲らなかった。
まあい良いッか.

定価(彼の提示した)だと御代、2100円。
彼曰く「端数は縁起良く」と言って2000円を提示

よっしゃあ、私もプラスご祝儀1000円をふるまって
ちょっと辛めで山椒の利いた一年分の唐辛子をゲットして帰宅するのでした。
この記事へのコメント
私は普通の一味唐辛子を買い、山椒と柚子をこれまた別に買い合わせて使います。

唐辛子 合わせる度に くさめ出て

蕎麦汁に 年越し良かれと 唐辛子
2011/01/07(金) 21:26 | URL | 相子 #-[ 編集]
私の唐辛子好きは周りを驚かせます。
お味噌汁に表面が真っ赤になるまで
納豆にも
鍋ものの取り皿に
お漬物に
朝に夕に唐辛子は欠かせません。
山椒の香りが好きです。

鍋物の 味も隠れり 唐辛子

何にでも 刺激がほしい 食事時 
2011/01/12(水) 16:17 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック