> ひとり居酒屋・宮崎支援編

ひとり居酒屋・宮崎支援編

ここでは、「ひとり居酒屋・宮崎支援編」 に関する記事を紹介しています。
宮崎牛の移動も解禁になったようだが
肉の摂取を控えめにしている私は小魚で宮崎支援をすることにした。
P1150872きびなご  P1150877きびなご
今宵一人居酒屋「いろり天国」の肴は宮崎産「きびなご」の一夜干
ウロコがピカピカに光っているよ

ちょと不揃いのキラキラ魚、串を抜いていろりでサッと炙る
なかなか脂が乗ってて溶けるような舌触り、旨いね。

焼酎も旨い
たちまちきびなご君達3串も腹に収まった。

P1150883ししとう  P1150885いわし天ぷら
焼酎も進むが魚ばかりでは舌が飽きてしまった。
杯を重ね少しづつ別世界へ入りnebaneba店主は
「何でも焼いて」という店主兼「一人客」の腹を充たすために
冷蔵庫を漁った。

獅子唐辛子・とまと・さやえんどう・ブロッコリー・鰯つみれ揚げを見つけた。
そしてウインナーソウセージも。
ししとうまでは良かったが、後はお絵かきのお遊び。

鰯つみれ揚げにさやえんどうで顔書いて鼻はウィンナーの尻尾。
耳は「ミミとまと」頭髪は翠の黒髪ならぬブロッコリーのミドリ髪

以外や焼きとまとは甘くて旨い、
他の野菜も何とか口に入ったようだ。

翌朝気がつくと鰯つみれはツルツル頭ののっぺらぼうで網の上で冷え切っていた。

夏の夜のいろり天国nebaneba亭でした。
この記事へのコメント
nebaneba さん

昔からビール等だった私も、
最近は焼酎の水割り(氷入り)が気にいるようになりました。
ビールより肴の素材の味が分かりますね。
ところで、「一人居酒屋」のメニュー、何でも焼いてしまいますが、
考えれば古代人は焼くしか調理方法はなかったことを考えれば、
nebanebaさんは相当古代人のDNA色濃く残しておられるのでしょうねv-7
いずれにせよ、美味しく胃の中に収まるのが一番。
今宵も開店後はいつの間にやら夢の中ですね。


 都筑の風@横浜

2010/08/07(土) 08:53 | URL | #-[ 編集]
おおっ古代人ですね。ありがとうございます。
古代人的生活をしたい私にとってこれは最高のお褒めの詞です。
またのご来店をお待ち申し上げております
2010/08/07(土) 09:42 | URL | nebaneba #-[ 編集]
いろり天国いいですね。好きなように好きなだけ。
普通のおのこには滅多には出来ない夜を満喫。

東国原の 顔を立てたる 夏の宵
焼き野菜 汗したたりて 旨し味
2010/08/07(土) 10:41 | URL | 相子 #-[ 編集]
いろり端 冷酒にしよか 夏色の

「皇帝液」 一人居酒屋 ホロリ酒


居酒屋も 宮崎支援の 名を借りて

2010/08/07(土) 16:28 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック