> 映画「踊る大捜査線」

映画「踊る大捜査線」

ここでは、「映画「踊る大捜査線」」 に関する記事を紹介しています。
やたらと出演者とエキストラが大量に出演していてまとまりのの無い映画
「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」を見てしまった。
「酷評nebaneba映画」同時掲載
story_photo01踊る大捜査線       story_photo02踊る大捜査線
ストーリー
外国からの要人が降り立つ空港が近く、高速道路や変電所などのライフラインもあるお台場は
テロリストの格好の標的になっていた。

その対策のため、湾岸署は高度なセキュリティシステムが導入された新湾岸署へ移転することとなった。
100223_odoru_3_sub1踊る大捜査線 100223_odoru_3_sub2踊る大捜査線
その引越しを一任されたのは、強行犯係係長に昇進した青島刑事だった。
100223_odoru_3_sub4踊る大捜査線 100223_odoru_3_sub6踊る大捜査線
引越し作業に取り組む中、湾岸署管内で次々と事件が発生する!
金庫破りやバスジャック。
そして引越し作業の混乱の中、湾岸署から青島やすみれらの拳銃が3丁盗まれ、
連続殺人事件へと発展していく―――。

湾岸署には特別捜査本部が設置され、必死の捜査もむなしく、犯人グループに湾岸署を占拠されてしまう。
新湾岸署の開署式まで後3日。毒ガスやTNT爆弾。そして、拘留中の凶悪犯の解放の危機・・・。
以上映画資料より編集。

100427_odoru_main踊る大捜査線  100427_odoru_sub10踊る大捜査線
完走・・・・いや大落車・・・
先ずスリルもサスペンスも無い
ストーリーにも一筋通っていない
ドキドキハラハラは全く無い
コミックであればまだ納得するがシリアスな精神的病の犯人に筋書きの焦点を絞ってしまう結末。


100427_odoru_sub11踊る大捜査線

キャストは織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、伊藤淳史、内田有紀、
小泉孝太郎、寺島進、とここまでは先ずよしとしよう。

織田裕二の熱狂的ファンでであればまあ彼が出演して入れ歯満足であろうが
ここに小泉今日子登場で第2作同様の落車が始まるのである。


大立ち回りのアクションの末に事件解決を期待したいから「踊る大捜査線」であって
小泉今日子との「精神戦」ではタイトルに偽り有りである。

冒頭でも記したがやたらとエキストラが多くざわついたシーンの連続だ
しかも郵政と合体した「ペリカン壜」がゴロゴロしているのも目障り


今のおばかな大相撲の決まり手でもないが駄目押しの一発
この映画は「あくび連続製造機」の一品である

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック