> 映画「告白」

映画「告白」

ここでは、「映画「告白」」 に関する記事を紹介しています。
教え子にまな娘を殺された中学校教師の復讐を描くミステリー。
事件に関わった者たちの告白によって真相が明らかになっていく緊張感あふれるドラマ
酷評nebaneba映画にも掲載
335612_001告白  335612_003告白
ストーリー映画資料より編集
とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。
「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく……。
335612_004告白  335612_006告白

女教師の3歳の一人娘・愛美が、勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。
数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私の娘はこの1年B組生徒二人に殺されたのです」と
衝撃の告白をし、少年Aと少年B二人の生徒に復讐を開始する。

そして4月、クラスはそのまま2年生に進級。
新任の若い男性教師は生徒に迎合した「軽いクラス運営」に没して悦に入る。

犯人のひとり少年Aはクラスのイジメの標的になっていた。
もうひとりの犯人少年Bは登校拒否し、自宅に引きこもっていた…。


335612_010告白  335612_012告白
完走・・・・乾燥仕切った少年A少年Bの心を愁う
松たか子の無表情な怨念を隠した演技が怖い。

殺伐とした空気が観客席を支配する。
息する空気さえ館内から消失してしまったかに思えるほど潜めてと言うより息止めて画面に釘付け。

人の命の大切さを伝えるのにこの手法しかないのか・・・・・・・
画面はこれでもかこれでもかと登場人物の「命」へのの「告白」が続く。
夫々の「告白」でストーリーが進行し、種明かしも進む。

335612_016告白  335612_017告白
命の真の大切さを知るのは、自分の一番大切な人を失ったときになのか・・・
それでは遅いんじゃないの

後悔・・・それはもっと遅い・・・「前悔」そんな言葉は無い
「狂気」なほどに人の命の大切さを訴えてくる。

ラスト・・エンディングテーマが流れ場内が明るくなってもしばし立ち上がれない。
衝撃は重く下腹に響く。
重い足取りで映画館のステップを一段づつ降りるnebaneabでした。
この記事へのコメント
足取りが重かったと言うことは、原作を読んだ人でも納得できるできばえなんでしょうね
評価、楽しみにしていました(^_^)
2010/06/11(金) 11:02 | URL | 中原 #-[ 編集]
ズシーナと加重がかかる映画です。
それは命の重さでしょうね。
2010/06/12(土) 04:36 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック