> 映画「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」

映画「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」

ここでは、「映画「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」」 に関する記事を紹介しています。
雨の日曜日ハシゴ映画第2弾
「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」
shodogirls01書道ガールズ!! わたしたちの甲子園 shodogirls02書道ガールズ!! わたしたちの甲子園
あらすじ
紙の生産高日本一を誇る愛媛県四国中央市では、不況が原因で町の商店街は閑散としていた。
四国中央高校の書道部部長・里子(成海璃子)は、ある日音楽に合わせ大きな半紙に文字を書く臨時顧問・池澤(金子ノブアキ)の姿を目にする。

その様子に衝撃を受けた里子たちは、町を活気付けようと「書道パフォーマンス甲子園」を開催することを思いつく


酷評nebaneba映画もご覧ください。
shodogirls03書道ガールズ!! わたしたちの甲子園 shodogirls04書道ガールズ!! わたしたちの甲子園
完走
かっての体育会系青春ドラマとはちょっと違う知的青春物とでもいえようか。
一つの事にまっすぐ打ち込む事のできる「若さ」に感激した。

音楽に合わせ書をしたためるパフォーマンスがテレビ番組で放送されたのを見たことがあるが、背筋がぞくぞくする思いと何故か感涙したことが印象に残っていた。

この映画でその時の青い感動がよみがえった。
一直線な若さに乾杯だね。

shodogirls05書道ガールズ!! わたしたちの甲子園 shodogirls06書道ガールズ!! わたしたちの甲子園
中盤でちょっと居眠りが出たがまあまあ見られる映画だね。
感涙度で比較すれば「春との旅」の仲代達也には大負けするがね。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック