> 映画「春との旅」

映画「春との旅」

ここでは、「映画「春との旅」」 に関する記事を紹介しています。
雨の日曜日、自転車にも乗れずシネコンで映画のハシゴして暇を消化した。
先ずは一本目「名優・仲代達矢」主演の「春との旅」
335616_01_l春との旅①  335616view002春との旅
あらすじ
足の不自由な元漁師の忠男(仲代達矢)と仕事を失った18歳の孫娘・春(徳永えり)は、忠男の生活の面倒を見てもらおうと疎遠だった親類縁者を訪ね歩く旅に出る。

親族との気まずい再会を経るうちに、忠男はこれまで避けてきた過去と向き合わざるを得なくなる。
そんな祖父の葛藤(かっとう)を間近に見ていた春にも、ある感情が芽生えていく。


酷評nebaneba映画もご覧ください。
335616view004春との旅  335616view005春との旅
疎遠だった親族を訪ね歩く旅に出る姿を描いたヒューマンドラマ
高齢者問題を切り口に生きることの意味を問いかける


335616view003春との旅  335616view006春との旅
兄夫婦に大滝秀治、菅井きん、
弟夫婦 榎本明 美保純 

もう一人の弟とその愛人 田中裕子 隣人 小林薫
春の父 香川照之と後妻に戸田菜穂
姉の 淡島千影 等々実力派が脇を固める。
・・・以上映画資料より編集

335616view015春との旅  335616view013春との旅
完走
生き方のちがいから喧嘩やいさかいはあっても兄弟の血の繋がりにはどこかしら深い愛情を感ずる。
老いとどうしようも無い人と人とのしがらみ、そこに無情さえ感ずる。

所詮ひとは一人生きるしかないのか
335616view012春との旅  015春との旅
血のつながりの無い人間同士がまた深い情で個々のつながりも見せてくれる。
この映画最初から最後まで涙流さずいられない。
大き目のバスタオル持参での鑑賞をおすすめする。

335616view007春との旅 009春との旅
長野県人長生きの会の合言葉「ピンピンコロリン」はやはり理想だ。
nebaneba老人としては自転車に乗ったままスーッと召されたいね。

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック