> 讃岐うどんと鳴門の渦潮

讃岐うどんと鳴門の渦潮

ここでは、「讃岐うどんと鳴門の渦潮」 に関する記事を紹介しています。
7月15日 社員旅行第2日目
旅館を9時に出発
私は金毘羅詣でを済ませ、温泉で汗を流し、朝のビールも飲み、これぞ温泉ぞと、気分爽快にバイキング形式の朝食もたっぷりいただいた。

前夜の疲れも見せず総勢13名はさわやかな顔でバスに乗車してきた。

朝食を済ませたばかりであるが、
前日同様グルメ第2弾、まずは讃岐うどんを食することとなった。四国村④-1
四国村②
四国村


四国各地から移築された建造物33棟が当時のままの姿で村のあちこちに点在している野外民家博物館「四国村」入り口にある「わら家」が目的の讃岐うどん店四国村③


           わら家④


隠れ里の風情を味わえるひなびた風情のうどん店だわら家③


メニューは釜上げ、ざる、きじょうゆのとあるが、注文を聞いてから、練るのか茹でるのか出てくるまで25分もかかる。せっかちにはちと辛い。わら家⑤

のどごしと、コシの強さはさすがこの店の自慢だけある。薬味はシンプルにネギとショウガ。だしを入れる器も、「わらや」と書かれた特製品だ。
わら家①

「家族うどん」のメニューも。大人数で食するにはいい。
大きな樽桶で出される。

満腹のおなかを抱えてバスに乗車。またもや眠気が。
次の目的地鳴門海峡鳴門の渦潮」見物に向かう鳴門大橋
渦潮観光船に乗り込み  渦潮観光船②
台風4号の余波と強風の中荒波の真っ只中へ      渦潮①

渦潮②

自然力に感嘆     渦潮③

これが渦潮だあ             渦潮④
海中の見える船底は気分は最高に悪くなってあわてて再度甲板へ
船を下りて、再度バスのたび  渦潮観光船①

明石海峡大橋③

明石海峡大橋をわたればそこは神戸   明石海峡大橋②

明石海峡大橋

神戸を経ていよいよお楽しみ大阪くいだおれへなだれ込む 神戸へて大阪へ
乞うご期待
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック