> 映画「インビクタス/負けざる者たち」

映画「インビクタス/負けざる者たち」

ここでは、「映画「インビクタス/負けざる者たち」」 に関する記事を紹介しています。
INVICTUS
クリント・イーストウッドが監督
副題が固い
ちょっと政治色強いかなと感じて少し引いていたが観てみてこれは「感動」物だ。

001インビクタス負けざる者たち  335400view006インビクタス

反アパルトヘイト運動に尽力し、南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラと、同国のラグビー代表チームのキャプテンとの人種を越えた友情を描く。・・・・・・前宣伝だ。
335400view003インビクタス  335400view002インビクタス
あらすじ
1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。
いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。

1年後、自国で開催するラグビー・ワールド・カップに向け、マンデラとチームキャプテンのピナール(マット・デイモン)は、一致団結して前進する。


335400view004インビクタス  335400view005インビクタス
完走
人種差別、政治、思想、信条、は根底にあるにしても
それを乗り越えた部分のラグビーのスポーツ物語としてだけ見てもこころ揺り動く。

かつてアパルトヘイト政策で投獄されていたマンデラが大統領になったことで白人支配社会が終わりをつげ、黒人との対立と復讐が渦巻くかに思えたが、マンデラは「和解」を信条とすることを説く。

ワールドカップが自国で開催されることを期に「黒白」をつけるのでは無しに見事和合の国を先導する。

335400view007インビクタス  335400view008インビクタス
チームに黒人は一人しかいないのだが、国家を意識し奇跡が奇跡を呼ぶ
スローガン「ONE TEAMONE COUNTRY」

ラストは勝利と感動の涙の海におぼれる。

335400view009インビクタス  335400view010インビクタス
ニュージーランドと南アフリカとの最終戦では肉と肉のぶつかり合う正に肉弾戦。
競技場は熱狂の渦に包み込まれる・・。観る側も鳥肌立つぐらい引き込まれていく。
黒人と白人との「人間としての和解」の戦いだ

熱狂する観客席
私も知らず知らずに拳に力が入り
ラストは思わずスタンドの観客と一緒になって拍手を送る。

投獄されて27年、人は神になるのか
人類皆兄弟、マンデラは神か

誇りを持てる国を目指すマンデラ
どこかの国の金権政治家「小鳩」両氏にマンデラの爪の垢でも煎じてあげたくなる。

                    
                     ランキングに参加中
この記事へのコメント
気になっていたら映画です
良かったのですね。
観てみたいですね。実話なんですよね(^_^)
2010/02/10(水) 06:07 | URL | 中原 #-[ 編集]
中原 様
確かに気になっていた映画です
政治色はありません。
最初はドキュメントタッチ
ラスト20分は感動スポーツドラマ
そしてエンディングはスタンディングオベーション
思わず拍手しちゃいますよ
是非ご覧になってください。
2010/02/10(水) 06:21 | URL | nebaneba #-[ 編集]
映画館で拍手をしたことがありません。
画面と一体になって、観ている人が
拍手をしている様を、想像してみました。
なんだか、鳥肌がたちますよね。
想像だけで、じ~んとします。
体験してみたいと思います。
2010/02/10(水) 11:55 | URL | caonchi #-[ 編集]
caonchi さま
興奮しますよこの映画の後半

是非ご覧遊ばせ
2010/02/10(水) 14:53 | URL | nebaneba #-[ 編集]
nebaneba様のお勧め通り、面白かったです。もっと政治色の強い映画か思っていましたが、おっしゃる通りそんな感じはありませんでしたし。
確かにお勧めですね。e-257
2010/02/11(木) 21:42 | URL | ももはっち #.1Yf4bn.[ 編集]
ももはっち さま
「みてよかった」といわれてよかったあ。

私の独断と偏見の評はあまり気にしないでくださいね
妻からはいつも「酷評過ぎる」と言われています。
でも良い物はいいですよね・・・・観る人によって変りますし・・・・・
他人に奨めると言う事は難しいですね
2010/02/12(金) 02:49 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック