> ツールド新城サマーエンデューロ参戦記

ツールド新城サマーエンデューロ参戦記

ここでは、「ツールド新城サマーエンデューロ参戦記」 に関する記事を紹介しています。
ツールド新城
2007.7.7 前日

ちょっと遠出したくなって愛知県新城市まで出かけて自転車に乗ってきた
我がコルナゴ君をプリウスに詰め込んで、東名高速をいっきに260キロ
豊川まで下る、そして新城(しんしろ)へ40キロ
途中浜名湖サービスエリヤではソフトクリームで休憩浜名湖

奇しくも七夕の日、七夕は雨の降ることが相場であるが、明日が気になる
飯田線大海(おうみ)駅近くの飯田線おおみ

競技会場新城総合公園豊川から約40キロ
明日のために会場を下見をすることにした。アクセス
7日はタイムトライアルが行われており、私はエントリーなし、
明日はエンデューロ3時間に挑戦だ。参加費\6000-
展示ブースでコルナゴの2008年ニューモデルにお目にかかった。 コルニゴ2008モデル

宿泊は当地最大のホテル「新城観光ホテル
シングル1泊朝食付\6350- まあまあのホテルだ。

今大会のスタッフも宿泊していた。明日はがっばってくださいと激励された。新城観光ホテル

夕食は近くの川魚料理店で少々のビールとうなぎの蒲焼と白ご飯をいただき、
ホテルの部屋では近くの酒屋で買い込んだ地酒「天」を少しだけ(4合瓶3/4程)飲んで明日に備えた。

「空」(くう)という銘柄も有名であるが、限定製造販売だそうで地元でもなかなか手に入らないようだ

七夕の宵 織女と牽牛とは逢瀬を堪能できたんだろうか

2007.7.8 当日

公園内の通路と公道を使っての一周2.6キロのコースコース2

受付でチップとゼッケンそれに参加賞(しょうもないクッション)をいただきいざ試走の準備
ゼッケン
ピットに続々とチーム参加者のテントが建ち選手も増えてきた。

梅雨の合間の好天で真夏の太陽が照りつける。
木陰のテーブルに私専用のピットを占拠、とはいってもしレジャーシートのみ
新城ピット

10時35分、915名のスタートだ 新城スタート2

計測ラインを超えて第一週を周回新城スタート1
 私はしんがりからゆっくりスタート
新城⑥

公園の坂道を駆け下り一般道に
公園の入り口付近は鋭角に曲がるところがそこそこにある
これは私には危険だ
やはり左端をマイペースで周回することにした。新城⑤

コース全体は下りが基調
公道から公園に戻るS字カーブが唯一の心臓破りの上り坂だ   新城④

快調に飛ばす選手が多い一方 新城①
接触 転倒 落車も多く見られた。やはり危険の予感は当たった。一層慎重に左端を走ることに。

自転車と言えばイイミワこと飯島美和の総合MCイイ美和

ピットインしたときはプロやプロ級選手の走りをを観戦 新城②

またピット近くで地元無農薬野菜等も販売されており、
特にお豆腐が冷えてて冷奴は最高にうまかったとうふ
ほかにもトマトや焼きそばもいただいた。但し全て有料。
3周回してはピットインして休憩、水分補給の繰り返し。

&地元の特産物を食す。アレーなんにきてたのかなあ。
とにかくマイペースを貫き通して完走。
日に焼けた。汗も流れた、でも小便はあまり出ない。

3時間エンデューロ ソロ参加選手145名中、136位
まあいいじゃないか。
地元新城吹奏楽団のやさしい郷愁の演奏が心地よく癒してくれた。 吹奏楽団

いつものように抽選会の商品はゼロ

5時間エンデューロ競技はまだ続いていたが、
汗だくの身体を癒そうと私はそそくさと近くの温泉を探しあて
ニューヨークタイムとすることにした。

豊川市の本宮温泉「本宮の湯」に立ち寄って一休み本宮の湯

本宮の湯ロビー
きれいなロビーと大きな浴槽
気持ちヨカァー
ただ休日のせいか人がぃっぱい。特に太っ腹の人が多かった。ロードを推奨したい。

湯上りの気分は最高、休憩所(畳み敷きの大広間)で一眠りさせていただいた。

さわやかに寝覚めたらお腹が空いた。
そこで豊川稲荷の参道にうなぎ料理屋さんが多いことを聞きつけ、

うなぎまぶしをいただくことにした。
お茶漬けのうなぎ味もなかなかいける豊川稲荷

好きな自転車に乗って、最後にうなぎまぶし三杯食で締めくくり。満足満足。
さあてと帰宅
午前0時
就寝25時。
この記事へのコメント
のどかな一般道を使ったイベントなんですね。エンデューロ系はサーキットレースしか走った事がないのでこういうコースも走ってみたいです。
その後の温泉→グルメの流れもいいですね~。
ひつまぶしを半分くらい食べたらお茶漬けにするというやつですか?
2007/07/09(月) 20:53 | URL | puyan #kY8WcqRU[ 編集]
本来エンデューロは死闘に匹敵するレースと思います。現にそういった選手が大半を占めていました。ただ私のようにそれを共感しながらも、マイペースで自分の世界へ引き込んでしまう。必死で戦っている選手には迷惑かもしれません。スポーツカーでおにぎりほうばりながら海岸散歩にしてしまうよなもの。今回はうなぎ三昧でしたか。ひつまぶしは、うなぎ丼のうなぎが細かい切り身になっており、①まずそれをそのままちゃわんによそって一杯、②二杯目は薬味とわさびでいただき③最後にこれをだし汁で海苔茶漬けでいただく。今回私もはじめて食べましたが美味です。うなぎが三度美味しい、
いいたびでした。
2007/07/09(月) 22:51 | URL | nebaneba #5.cegdJc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック