> 映画「今度は愛妻家」

映画「今度は愛妻家」

ここでは、「映画「今度は愛妻家」」 に関する記事を紹介しています。
335282view001今度は愛妻家・・335282view002今度は愛妻家
ストーリー
夫である俊介(豊川悦司)の世話を甲斐甲斐しく焼き、明朗に振舞っていた妻のさくら(薬師丸ひろ子)は、
夫から酷いことばを投げつけられて愛想を尽かし、一人で旅立ってしまった。

彼女をうるさく思っていたはずの俊介だったが、さくらを恋しく思う。

カメラマンの俊介は弟子である誠や、さくらの父で彼女に代わって家事を手伝いに来るオカマの文太(石橋蓮司)も心配させられるほどに、さくらの喪失に悲しんでいた。

そんな彼の前に、離婚する前に写真を撮って、と思いがけずさくらが帰ってくる。
だが俊介は、戻ってきたさくらの悲しい正体を知っていたのだった。


335282view004今度は愛妻家・・335282view005今度は愛妻家
完走
ぐうたらで愛情表現の下手な夫と、明るく世話焼きな妻
そんな2人が結婚10年目にして迎えたある局面を、時にコミカルに時に切なく描かれている。

俊介とさくらの会話は非常にテンポよく、やりとりを聞いているだけでも楽しい。
オカマ役の石橋蓮司も光る演技を見せる。

結論を言えば・・・335282view006今度は愛妻家
連れ合いは生きてるうちに大事にしておけってぇ事で。

あの「セーラー服と機関銃」のまんま年を重ねたの薬師丸ひろ子、名台詞「快感」シーンは無いがこんなマスコット的女房であったらご亭主殿よ、もっと大事にしとけ・・といいたいね。


                    
                     ランキングに参加中
この記事へのコメント
見てみたいなぁと思っていた映画です。
夫と一緒に行くのと、一人で行くのと どっちがいいでしょうかねぇ
2010/01/18(月) 00:25 | URL | mee; #-[ 編集]
mee; 様
ぜひともご夫婦ご一緒にご覧ください。
当日中高年カップルの姿が目立ちましたよ。
私は男やもめでしたけど・・・・・・。
2010/01/18(月) 06:04 | URL | nebaneba #-[ 編集]
面白そうですね
セーラー服と機関銃はほんと良かったですね
あれで映画の世界に入った人も多いみたいですね
2010/01/18(月) 07:00 | URL | 中原 #-[ 編集]
中原様
面白いというより男の悲哀たっぷりですね。

薬師丸のデビュー時代は
角川映画全盛期でしたね。
懐かしく思い出します。



2010/01/18(月) 09:20 | URL | nebaneba #-[ 編集]
土日バタバタしてました。
映画見に行こうかなぁ。
豊川悦司も石橋蓮司も、好きだし。nebaneba兄貴も、ママさんと一緒に行けばいいのに。v-411 
2010/01/18(月) 14:44 | URL | caonchi #-[ 編集]
caonchi 様
我が家では私のほうがはるかに自由時間があり、
私の「乱観」ペースには妻は合わせ切れません。
まあ一人で「感傷」楽しんでます。

2010/01/18(月) 16:43 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック