> 東京アースライド パートⅠ& パートⅡ

東京アースライド パートⅠ& パートⅡ

ここでは、「東京アースライド パートⅠ& パートⅡ」 に関する記事を紹介しています。
スタートは自宅、それぞれのスタイルでお台場を目指す
東京を自転車で走りながら、バイコロジー(バイク×エコロジー)を考える?
そんな想いをお台場から全世界に発信!
会場では、走行距離から削減できたCO2量を記載したバイコロジー証を戴く。
自転車関連のサプライズ企画でお台場でのひと時を楽しもう。・・・・以上主催者側の意図


どこかウサンクサイ企画に乗ってみた
午前7時30分、ちょっとうっとうしいリストバンドを腕に巻きつけ越谷をスタート
P1110749リストバンド   P1110746葛西用水①
木枯らし1号の吹き荒れたその朝、真冬の厳しさを覚悟しての身支度でいざ出発

P1110745葛西用水  P1110751大谷田地下道 
先ずは葛西用水沿いに南下し、環七通りの下をくりぬいた大谷田地下道をくぐり曳舟川遊水公円沿いに荒川を目指す

P1110753荒川源流  P1110755レインボーブリッジと富士山
四つ木橋を渡って荒川右岸を河口を目指す。源流碑のある水門で一休み
寒風は幸いにも追い風、快適に無風間隔で快調に飛ばす。汗ばんでくる。

葛西から東陽町、豊洲を経て有明へ
途中レインボーブリッジの向こうには富士山が白い峰を覗かせていた。

お台場の会場に到着9時30分、

 P1110758レインボーブリッジ   P1110760お台場の富士山
10時30分の受付までお台場公園をボタリング
お台場の海の向こうのビルの隙間から富士山も見え隠れしていた。

同じく開場待ちの「お仲間」と談笑後記念撮影 P1110770記念撮影
その彼も埼玉県から来たと言う


P1110767会場風景  P1110787会場風景
会場風景

あらかじめ予想距離からCО2排出削減の数値をネット上のマピオンで検知し
その数値をカードに記入したものを受付で提出することになっている。

ちなみにマピオン「キョリ測」でCО2削減量を計測すると
走行距離38.7km
消費熱量 1,424Kcal・・・おにぎり(160kcal)換算8.9個分
対車との比較 CО2削減量 8.9キログラム と出た。

もともと自動車で会場へ集合するイベント、車ででなどで行くつもりも無い。
それを対車比**グラムCО2削減と算出するらしいがこれってどこかおかしい

午前10時30分 P1110773CО2削減申告
いよいよ開場、さあてどんなイベントが待っているやらお楽しみ
CО2削減記録カードをスタッフに渡して入場。

ちょっと眠くなりました
続きは明日・・・・・・・
ランキングに参加
パートⅡ(前夜記)よりの続き 

CО2削減カードをスタッフに渡してから
まず会場に入るのにはメインステージへの導入口で順番に並ばされる。
長蛇の列での待機に参加者からは不満の声しきり。

そして1人づつあるいはグループ毎にステージへ自転車ごと昇らされる

 P1110785到着インタビュー①    P1110777到着インタビュー②
そこで到着数確認ボタンを押す
記念写真を撮る・・・後日ネット販売される
インタビューを受ける
降壇して参加証を受け取る・・・ここでも長蛇の列・・・不手際なスタッフ
参加記念のTシャツを戴く・・・・限定500着・・・全員でないところが主催者に不信感
会場内の出店をひやかす。・・・簡単に物は買えない・・・自転車には荷室は無い
これで終わり
P1110780参加証  P1110834記念Tシャツ

P1110784.会場①  P1110783屋台

ビールもどきノンアルコール飲料をP1110786ノンアルコール
買い、フランクフルトソーセージとたこ焼きを食べたが
いずれも私の口には合わず、早々に退散することにした。

退場すると入り口付近でなんと到着したばかりのswacchi チームの面々と遭遇
はいたかサン sayサンもんじろぅサンすんだサンTOMOOサン
エール交換して私は一足飛びに築地へ
目的はもちろん寿司ランチ

P1110796まぐろ解体ショー①  P1110790解体ショー②
築地6丁目の「すし鮮」
店先では生のまぐろ解体ショーが展開されていて観光客の人だかり。

P1110809すし鮮  P1110800店内
同行のコルナゴ君は、呼び込みのおばちゃんに「子守」をしていただいて入店、
満員御礼の盛況ぶり、待つこと15分。

P1110804すし①  P1110803てっか丼
そして味わったのはこれとこれ
鉄火丼旨かったねえ。

食後は店先で呼び込みのおばちゃんと談笑
何でも息子さんが競輪の選手で孫も男ばっかしとか取り留めの無い話であったが
楽しく会話して腹ごなしにいい時間を過ごさせていただいた。

帰途は新大橋通りから 船堀橋に出て P1110811曳舟側親水公園
荒川河川を戻り、曳舟川親水公園で一休み、葛西用水を経て帰宅
アースライドとは目的では無く
そのプロセスを楽しむことにあると理解した、・・・ナレバこのイベント不要となるが・・・・

自転車海苔は乗ることに意義を見つける
自転車海苔にとっては自転車は交通手段では無いことを再発見した一日であった。

帰宅後 同行のコルナゴ君整備して P1110822富士山
ふと見上げれば夕空に富士山のシルエット、至福の一日でした。

本日の総走行距離・・・80.1km・・・心地よいお疲れ


ランキングに参加
この記事へのコメント
おはようございます。
“バイコロジー”ですか!

会場のお台場は夏の間“ガンダム”がいた所ですね。

夕日に映える“富士山”が、疲れを癒してくれてるように輝いて見えます。
「私も身体を動かしたい!」と思い始めていますよ・・。
2009/11/04(水) 10:19 | URL | ボス。 #-[ 編集]


アースライド参加者は、各々移動中新しい発見をしてお台場に向かったんですね!自転車は、走ることが楽しくて道中の様々な出会いがまたすばらしいですよね!五感を働かし酸素を美味しく頂いて全身に巡らせる・・・鉄火丼うまそう!!!私の住む茨城北部は2日続けて霜が降り我が家の柚も黄色に色付きました。
2009/11/04(水) 21:40 | URL | yanada #-[ 編集]


プロセスを楽しむ
何だか待ち時間の多いイベントでしたね。
私は、待つのが苦手なので、途中で帰ってしまうかもしれません。

でも、おっしゃる通り、そんな待つ時間を含めたプロセスを楽しむという意識が大切なんでしょうね。

奥様の衣装と自転車のコーディネート、最高ですね。
2009/11/05(木) 04:27 | URL | 断腸亭髭爺 #mQop/nM.[ 編集]


Re: おはようございます。
ボス。 どの
バイコロジーがどんなものかは良くわかりませんが
ただただ自転車に乗ることを楽しんでいます。
富士山は日本人の心なんですね。
癒されます

2009/11/05(木) 05:38 | URL | nebaneba #-[ 編集]


Re:yanada 様
yanada 様
そうですね
イベント自体はたいしたこと無いし主催者の意図が
いまいち理解できませんでしたが
自転車は道中に何を発見するかですね。
茨城はその意味では自然の中にさまざまな発見や
出会いがありますね。
また行かせてください

2009/11/05(木) 05:44 | URL | nebaneba #-[ 編集]


Re: プロセスを楽しむ
断腸亭髭爺 さま
コメントありがとうございます。
当日我々も早々に会場は退散しまして
ボタリングで街筋を楽しんで帰宅いたしました。

2009/11/05(木) 05:48 | | URL | nebaneba #-[ 編集]
2009/11/05(木) 09:12 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック