> 映画「G.I.ジョー」

映画「G.I.ジョー」

ここでは、「映画「G.I.ジョー」」 に関する記事を紹介しています。
パリのエッフェル塔が標的とされ倒壊する
ハチャメチャ破壊映画「G.I.ジョー」を残暑厳しい夜に見てしまった。

006G.I.ジョー  001G.I.ジョー
ストーリー
1990年代、世界征服をたくらむ悪の組織“コブラ”が各地で活動を活発化させていた。
そして、最強のウィルス兵器“ナノマイト”を使い、パリのエッフェル塔を破壊してしまう。

元々はNATOによりガン細胞破壊のため作られたが、実際はあらゆるものを破壊する威力を持っていたため、悪の武器商人デストロの手により脅威の兵器としてコブラの手に渡ってしまったのだ。

コブラの脅威が各地を襲う中、アメリカ政府が送り込んだ最後の切り札。それは世界中から集められた史上最強の国際機密部隊G.I.ジョー。

強靭な肉体、勇気と行動力を持ったエキスパート集団。加速装置付きの特殊スーツを身につけ、数々のガジェットを駆使する極秘のチーム、G.I.ジョー。
エジプト、パリ、東京と世界を舞台に、陸・海・空と壮絶なバトルが始まる!


002G.I.ジョー  004G.I.ジョー
完走
悪徳兵器商人が新型の破壊兵器を開発して大国に売りつける
その手段として世界を恐怖の中に陥れるのだが

その救世主たる「G.I.ジョー」軍団もこれまたハチャメチャな破壊を繰り返す。

003G.I.ジョー  005G.I.ジョー
ところどころにジョークを交えるのだがなんとも粗雑なストーリーだ。
破壊してスカッとするだけならいいけど
人の命や物の大切さは伝わるすべも無い。

これら破壊兵器を売る商人が乗り移ったかの首長、大統領が一番怖い
というお話だね。

暇つぶしに見るにはいいだろうけど、
何かテーマもくそも無い。
CGを駆使して、陸・海・空で、繰り広げられる戦いでは、過剰なまでのスピード感とスケール感だけは味わうことができる。
007G.I.ジョー  008G.I.ジョー
韓国で人気とかイ・ビョンホンもキャストの一人だが惨めな最後を遂げる。

G.I.ジョーは、米国ハズブロ社が販売している男児向け玩具。とか、
アクションフィギュア本体ならびにその付属品・関連商品を指す。
人形の大きさが12インチ(305mm前後)である。とネットに乗っている


                    
                     ランキングに参加中

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック