> 映画「地球の静止する日」

映画「地球の静止する日」

ここでは、「映画「地球の静止する日」」 に関する記事を紹介しています。
映画 「地球の静止する日」 を観た
01_地球が静止する日  02_地球が静止する日  03_地球が静止する日
ストーリー

アメリカの首都ワシントンDCに銀色の球体?円盤?が着陸し、
人間の姿で奇妙な服を着た男が現れた。
彼の名はクラートゥ。宇宙人である。.
地球人には危害を加えないと語る。

しかし警備兵は彼に向かって発砲してしまう。
船体から巨大なロボットのゴートが現われ、周囲の武器を破壊しようとするが、
クラートゥはロボットを制止した。

彼は大統領秘書に、地球上の指導者たちが核兵器や戦争による殺戮で他の天体の征服を考えるのは、他の星からの攻撃に繋がることを忠告したいと言った。

彼は地球人を説得する平和の使者であった。
指導者たちが彼と同席することを拒んだため、
クラートゥは宿屋に住み街の人々に紛れ込んだ。

彼は科学者バーンハート教授と会い、使命の重大さを認識させるために世界中の電気を止めることにする。

しかしクラートゥの意図は誤解され、逮捕命令が出された。
04_地球が静止する日    05_地球が静止する日    06_地球が静止する日
完走
前日の望年会の飲み疲れかストーリーが不可解なのかは定かでないが
前半は睡魔の大魔王に襲われた

「人類が滅亡すれば、地球は生き残れる」とか
「人間が生き方を変えなければ、地球は救われない」とかの
台詞はわかったよなわからないような

ラストもなぜ地球が救われたのか訳分からん
地球が救われるような決定的な人類が生き方を変えたと印象付けるシーンは何も無い

酷評だが親子愛はまあまあ表現されていた
☆無し    07_地球が静止する日      08_地球が静止する日

                             
                             ランキングに参加してます。
                             ポチッとよろしく
この記事へのコメント
星0ですか。

ゴートに食われてしまったんでしょうか。
2008/12/23(火) 17:32 | URL | 馬面 #qjsITxmk[ 編集]
馬面 様
> 星0ですか。

すみません
私の映画への評価の基本姿勢は
①私のミーハー的レベルにあうかどうか
②ワクワクするか
③泣けるか
④愛する人と一緒に見れるか
⑤余韻があるか

特に正月の映画はこのすべてが加味されていないと満足いかないのです

「寅さん」はこの点すべてを満たしてくれました
今年は私に感動を与えてくれる正月映画が少ないのが残念です
今のところ「レッドクリフ」と「252」かな
2008/12/23(火) 22:19 | URL | nebaneba #-[ 編集]
あーーーっそうでしたか笑 アハハ☆
失礼しましたv-16
そういや、いつも拍手して、確かにそのままコメントかいてました。へへ


☆師匠のBLOGは一日1回の拍手
じゃ全然物足らないくらいですv-10 パチパチ~♪♪
2008/12/23(火) 22:31 | URL | OOみかんOO #-[ 編集]
みかん様
いつもいつも拍手ありがとうございます
みかん様のように素直に拍手いただけると
いうことだけで励みになります。。

お若い方に私のつたないブログを見て頂けると
いうことが私にとっては嬉しいことです。


2008/12/24(水) 00:18 | URL | nebaneba #-[ 編集]
こんばんわーnebanebaさん。
映画完走いつも拝見してまーす!
実は私もコレ見ました。映画高いんでたまにしかいけないんすけどサービスデーで安かったもんですから~。
私は結構いいなーと思いました。最後の方、墓前で抱き合って泣いてるシーンは思わずホロっとしましたよー。
ただしnebanebaさんおっしゃる通り最後何で人類助けてもらったんかよくワカランかったですわ~。クラートゥがもーちっと心揺さぶられた表現がされておればなー、と思いましたねー。
2008/12/26(金) 01:15 | URL | たけぴろ #-[ 編集]
たけぴろ様
ご訪問ありがとうございます
映画はこの年になりますとオール1,000円なものですから
ヒマに明かして乱読ならず「乱観」、
そして「ラン雑」な完走
高い入場料を払って観られる方には申し訳ありません

私も若い頃は色んな批評家の評を読んだり
新聞の広告をくまなく呼んで、高額な入場料を無駄にしないよう
よさそうな映画を、しかも1年に数回しか観なかったものです。

映画から得られる感動と涙
ワクワクする胸の高鳴りと余韻
これが無いとがっかりします
「金返せ」と言いたくなる映画を何回観たことか

それでも映画館の前に立つとワクワクするんですね
いまだ映画に関しては、少年の私にたまにはお付き合いください
ありがとう


2008/12/26(金) 01:42 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック