> 万両と恩師

万両と恩師

ここでは、「万両と恩師」 に関する記事を紹介しています。
この冬思いがけない方からの訃報  P1050672万両②
それは30年以上前にお世話になったKさんの奥様からの縁取りのある年末挨拶状

当時、私は小さな運輸会社の駆け出しの営業マンだった。
私は未熟なくせに、世間知らずの向こうっ気の強い闘志むき出しの若造であった

Kさんのは、お取引先様の取締役営業部長であった
K部長はそんな私に、対業者として厳しく接し、時には交渉にはっきりノーと拒絶もしたが
体格が良く、役者的風貌で物腰柔らい温和な方で、社内でも信望が厚かった

取引以外の話題となると、営業マンたるものの心得や、
お客との接し方、会社組織のこと、利益とは...等々多岐にわたってご教授いただいた
時には池袋の赤ちょうちんやスナックでお酒の飲み方も教えていただいた

私がひとつ会社で定年まで全うできたのはK部長あってのことといっても過言でない
K部長はその後、他社にヘッドハンティングで退社されいったが
お取引のなくなった後も、年賀状と暑中見舞い状のやり取りは今年まで続いていた

奥様に電話でお悔やみを申し上げ、不沙汰をわびた
彼は大学の頃洗礼を受けていて、けいけんなクリスチャンであったと奥様の談
私のことを気にされて常にご夫婦して話題になっていたという

私はこれまでの感謝の意をこめてささやかだが花屋さんから献花させていただいた
この年内に墓参をしたいのだがなかなかその時間を取らない私は恩知らず

我が家の万両とK部長のイメージがオーバーラップするのだ
なぜだろう   P1050676万両
K部長がこころ福与かな方であったからか
                             
                             ランキングに参加してます。
                             ポチッとよろしく
この記事へのコメント
nebanebaさん

>我が家の万両とK部長のイメージ>がオーバーラップするのだ
>K部長がこころ福与かな方であっ>たからか
きっと、nebanebaさんが
「若造」から「大人」に
なられ、世の中の裏表、苦楽を
吸収された結果、K部長の人柄が、
万両を見つめるnebanebaさんの心の
鏡に映ったのでしょう。

        都筑の風@横浜

2008/12/20(土) 09:06 | URL | 都筑の風@横浜 #-[ 編集]
都筑の風@横浜 様

Kさんは私の仕事人としての最初の大人であり師匠でしたね
2008/12/20(土) 09:30 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック