> 映画 私は貝になりたい

映画 私は貝になりたい

ここでは、「映画 私は貝になりたい」 に関する記事を紹介しています。
510L4CeibXL私は貝に成りたい

1958年に故フランキー堺主演でTVドラマ化された戦争ドラマ
主人公にSMAPの中居正広、その妻に仲間由紀恵を配し
一兵士として戦争に巻き込まれた市民の悲劇
そして、深い家族愛や夫婦の絆を描く映画「私は貝になりたい」を観た
001私は貝になりたい  006私は貝になりたい  007私は貝になりたい
■ストーリー
高知の漁港町で理髪店を営む豊松は、徴兵先で米軍の処刑を命じられる。
戦争が終わり、やっとのことで妻の房江、息子の健一が待つ家へと帰ってきた豊松
だが、
突然やって来たミリタリーポリスらに従軍中の事件の戦犯として逮捕され、不当な裁判を受ける。
009私は貝になりたい  012私は貝になりたい  015私は貝になりたい

完走
既に周知のストーリーだが、この映画から家族愛の感動と戦争という魔物への怒りを新たにした

清水豊松(中居正広)が死刑囚として巣鴨プリズンに収容されたその一晩だけその房で一緒だった元士官?の男大西(草薙剛)は、死を目前にした人間の心理状況を淡々とまた堂々と伯仲の演技を見せてくれた

矢野(石坂浩二)の絞首台前の演技も元軍司として潔いものであったが、「最期の詞」は観る者にとって「そうだあ !」と思わず言いたくなるが何故かむなしい

妻(仲間由紀恵)が200人もの嘆願署名を必死で集める場面では感動を呼び起こされた
それもむなしい結果となるのだが

豊松が生まれ変わるなら人間でなく貝になりたいという行は、そう思わざるを得ない「戦争を引き起こした人間」への失望からであろうが、私には最もむなしく感じた

私なら生まれ変われるものならもう一度人間をやり直したい

私はこの劇中の豊松が処刑された年に満州からの帰還兵の末っ子としてこの世に生を受けた
劇中では豊松の長女直子と同じ歳だ (入れ歯と親父に記した)

この映画を世界中の若い人たちに観て欲しい
戦争に勝った者の論理で歴史が作られると
それは何時の時代でも地球上どこでも同じではあるが
                             
                             ランキングに参加してます。
                             ポチッとよろしく
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック