> 石垣島合宿2017 3日目

石垣島合宿2017 3日目

ここでは、「石垣島合宿2017 3日目」 に関する記事を紹介しています。
3日目はアップダウンの激しい道程を経て平久保埼灯台を目指すことにした。

P1030878_convert_20170314170658.jpg  P1030889_convert_20170314170724.jpg
石垣島の形は宮古島とよく似ている。その最北端の半島を縦断する。
宮古島と違って大きな橋もないがUpDownが激しい。景色は良いし海もきれい。のんびり走行。

P1030951_convert_20170314171046.jpg  P1030952_convert_20170314171113.jpg
素朴な地元の平久保小学校前で休憩。
校門のすぐ脇に「石垣市民憲章」碑が建てられていた。「教育勅語」よりよほどいい。書き留めてきた。
 
私たちは、黒潮と太陽にはぐくまれ、詩の国、うたの国 郷土石垣市に誇りを持ち、
みんなで明るい豊かな住みよい町をつくるために、この憲章を定めます。
 一. 私たちは、互いに敬愛し、社会のきまりを守り「平和な町」「親切な町」づくりにはげみます。
 一.私たちは、対話を深め、スポーツを盛んにし「教育の町」「健康の町」づくりにはげみます。
 一.私たちは、美しい自然と郷土文化を守り育て「文化の町」「観光の町」づくりにはげみます。
 一.私たちは、力をあわせて働き、黒潮と太陽の恵みにこたえ「産業の町」「美しい町」づくりにはげみます。 


P1030906_convert_20170314170847.jpg  P1030913_convert_20170315120755.jpg
急な坂道をダンシングでようやく最北端平久保埼へ到達。
だがすぐには灯台が見えない。バイクを押してさらに坂を上ると岬の先に平久保灯台が控えめに雄々しくたっていた。

P1030948_convert_20170314170941.jpg  P1030930_convert_20170314170909.jpg
帰路、灯台下で「呼び込み」してたのお兄さんのレストラン「SevenCollars」で石垣島牛丼」をいただく。(1,200円也)

P1030950_convert_20170314171016.jpg  P1030921_convert_20170314174333.jpg
じつに綺麗で景色のよいレストランであった。
なかなかの絶景美形のお店である。また来年くるぜと軽い口約束。

P1030966_convert_20170314171147.jpg  P1030969_convert_20170314171213.jpg
行きもきついが帰りもきついUpDown。石垣和牛の放牧地で休憩しながら復路をたどる。

P1030984_convert_20170314171244.jpg  P1030988_convert_20170314171328.jpg
気温も高くなんと27度。ヘロヘロになりながらも気持ちのいいポタライドであった。

P1030991_convert_20170314171355.jpg  P1030993_convert_20170314174353.jpg
ホテルへ帰着後、夕暮れを待って予約しておいた料亭「舟蔵の里」へ。いそいそと出かけた。

P1040001_convert_20170314171429.jpg  P1040002_convert_20170314171454.jpg
地元の泡盛をボトルで戴く。残ったらお持ち帰りと思っていたが見事完飲。
サッパリサラダも酒をそそる。

P1040006_convert_20170314171515.jpg  P1040013_convert_20170314171552.jpg
品数豊富な南海の海鮮盛りは目いっぱいのおいしさ。グラスの泡盛もすぐ空に。

P1040014_convert_20170314171616.jpg  P1040016_convert_20170314171638.jpg
沖縄民謡に酔いもクライマックスへ。
サー 君は野中のいばらの花か サーユイユイ
暮れて帰れば やれほにひきとめる  マタハーリヌ チンダラカヌシャマヨ

P1040028_convert_20170314171700.jpg  P1040044_convert_20170314171723.jpg
締めは海ぶどうと島ラッキョウ。もう飲めない
ホテルへは南海千鳥足&Down。Upはない。
(料金は正確には不明だが2人で1万円でつりが来た)
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック