> ほたる祭り 長野県辰野町

ほたる祭り 長野県辰野町

ここでは、「ほたる祭り 長野県辰野町」 に関する記事を紹介しています。
2008年6月29日

長野県辰野町
我が故郷へ墓参とほたる見物に出かけた

ほたるが成虫となるこの時期の約10日間にわたって開催されるのがほたる祭り

父母への墓参を済ませ、生家を継ぐ長兄夫婦とまずは1キロほど離れた天竜川河畔の小高い山上にある今回のほたる見物の拠点となるホテルへチェックイン

たつのパークホテル蛍の宿
    今回の「ほたるの宿」であるホテルより我が故郷の町並みを望む
まずは温泉で日ごろの疲れを癒し、ビールで再会と健康に感謝 (昨日かろうじてメタボ検診にパス)
いい湯だ 蛍の温泉
ホテルの露天風呂
 ツルツルの湯質に我が肌は乳児のそれと化した。
食事にも満足 蛍ホテルの食事
ほたるの名所「松尾峡」のほたる童謡公園へはホテルのバスが送迎してくれる
7時視20分送迎バス発車 蛍の宿から蛍の宿へ送迎バス発車
約15分で松尾峡駐車場到着蛍の宿関所
ここからは、自然保護協力料金300円を支払い、特別保護地域へ徒歩で暗い遊歩堂を進む。
これからが真の「ほたるの宿」 
いたあー ほたるがごまんと。また見物客もほたるの数以上だ蛍乱舞
何回も写真撮影に挑戦したが、結果はご覧の通り 真っ暗。私の撮影技術ではほたるの光を収める事ができなかったほたるのホームページより
この写真は辰野町のHPから借用した。尚、松尾峡内はフラッシュ撮影と喫煙は禁止されている。

約1時間のほたる見物の後ほたるのホテルへ帰着
再度温泉に浸かり、そして兄夫婦と飲み明かしたのは当然の成り行き

話題もお互いに老化した体力へのいたわりと
子どもや孫への将来へ期待と願い
亡き両親への想いや、幼き頃の秘話で夜は更けていくのでした。


最後に余談を
街なかでは1km弱のメインストリートに屋台が無数出店しての便乗商魂蛍の商魂
                                            (昼間に撮影)
そしてほたるの名所近くの駐車場ではもう一つの蛍の商魂
                        農産物の直販
私のお勧めは、町の製菓店やベーカリーが蛍饅頭
                       競作(共作)している「ほたる饅頭」だ


ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ

この記事へのコメント
こんばんわ^^
お邪魔します♪

nebanebaさんは長野の
方だったんですね^^

ほたる祭りいいですね^^
私も昨夜今年初めて
蛍を見ました♪

暗闇に蛍の明かりが
凄く綺麗でした♪

来週は私もお墓参りに
行こうと思います♪
2008/06/30(月) 01:58 | URL | 愛菜 #-[ 編集]
はい、43年前に若気のいたり?から故郷を後にしました。
このごろになってようやく「田舎」の良さがわかりかけております。

その時既に遅し、両親は他界しておりまして。
ほたる祭りは、私のご幼少のころからありました。

ほたる饅頭が好きでした。
昭和の20年代ですから日本中が貧しかった時代、

このほたる饅頭は楽しみの一つでした。
2008/06/30(月) 07:03 | URL | nebaneba #-[ 編集]
こんにちは!!
いいところですね~。
静かで時の流れる早さもこちらとは違い穏やかな気持ちになれそうですね。
1度だけ長野への行った事があり、とても空気が澄んでいたのを覚えています。
日常の中のゆとりも大事ですね。
2008/06/30(月) 13:31 | URL | micchi~ #-[ 編集]
はい、私の田舎はいいところですよ。
この歳になってようやくその良さがわかりかけてきました。
機会をつくって信州へもお遊びください。
2008/06/30(月) 14:50 | URL | nebaneba #-[ 編集]
nebaneba様
おはようございます
ホタル灯りの素敵な光景。懐かしく読ませていただきました。
我が田舎もその昔は、川辺の田んぼに、ほの灯りが飛び交い、家の外に置いた縁台に座りながら、蚊取り線香の香りの中、風情ある夕暮れに癒された記憶があります。
いまは、田んぼはすっかり姿を消し、道は全て舗装され、小川は見るも無惨な姿を晒しております。変に都会的となった地方都市では、余程山奥まで行かないとホタル灯りが見れなくなってしまいました。
久しぶりに懐かしくもなぜか哀愁を感じる光景描写に心癒されました。
いつもながら、ありがとうございました
余談
ロード初めて半年
昨年着ていたスーツはウェストサイズ86cmで、しかもベルトの上から肉がはみ出し(笑)
今年のサイズは82cm!スッキリ!

メタボ対策には、自転車が特効薬の様ですね(^-^)
2008/07/01(火) 08:13 | URL | 2259番 #-[ 編集]
ほたるの光は悲しくなりますが、
ほたるの灯りはホットしますね
ちょっホロ苦さも混じったりして
やはり郷愁ですかね
2008/07/01(火) 13:03 | URL | nebaneba #-[ 編集]
見事なホタルですね。
知り合いに聞くと、一眼レフの高級カメラじゃないと
ホタルの乱舞は収められないらしいですよ。

私もホタルが大好きなので毎年見に行って
撮影も試みますが、結果は哀れなものです(笑)
2008/07/01(火) 22:58 | URL | SGGKの人 #-[ 編集]
私の撮った蛍の写真はまっ黒なので、
蛍の乱舞の写真は辰野町のホームページより借用したものです。
私はカメラの使い方から再学習の必要がありますね
2008/07/02(水) 05:37 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック