> 映画「後妻業の女」

映画「後妻業の女」

ここでは、「映画「後妻業の女」」 に関する記事を紹介しています。
「後妻業の女」
独り身の高齢男性の後妻におさまりその資産を狙う女を中心に、欲にとりつかれた人々が織り成す群像劇
大竹しのぶと組んで孤独な老人を食い物にしていく結婚相談所所長の豊川悦司

355381_005.jpg  355381_003.jpg
ストーリー
妻に先立たれた中瀬耕造(津川雅彦)は、婚活パーティーで年下の女性・小夜子(大竹しのぶ)と出会う。
やがて病に倒れた耕造は他界し、後妻におさまった小夜子から公式証書遺言状を見せられた娘の中瀬朋美(尾野真千子)は、遺産は全て小夜子に渡り遺族には一切残らないと知らされる。父の死に疑念を抱く朋美は探偵の本多(永瀬正敏)を雇い、小夜子の身辺を調査する。

355381_002.jpg  355381_008.jpg
完走
結婚はビジネスか?
jまあ下品な白い犬ってえとこかな、  駄犬ながら「尾も白い」

結婚に愛情は不要。
夫を企業と見立てて、優良企業への入社と転職に余念がない「プロ妻」の姿だ。

転職を繰り返し
慰謝料や遺産(退職金)目当ての猛者ども。
プロ妻の世界だね。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック