> 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』

ここでは、「『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英題:INDEPENDENCE DAY: RESURGENCE 製作国:アメリカ 上映時間:2時間0分
地球に攻めてきた侵略者と人類の激突を描いたSF大作『インデペンデンス・デイ』の続編。
前作での闘いから20年後を舞台に、地球防衛システムを完備した人類が再び侵略者と対峙する。
355228_005.jpg  355228_001.jpg
ストーリー
エイリアンによる地球侵略に人類が立ち向かい、およそ30億人もの命を失いながらも勝利を収めてから約20年が経過した。
人類はさらなる襲来に備えようと、エイリアンが残した宇宙船の技術を転用した地球防衛システムを作り上げる。

2016年7月、そんな人類を試すようにアメリカ全土を覆うほどの大きさを誇るエイリアンの宇宙船が出現。
彼らは重力を自在に操る圧倒的な科学力で、ニューヨーク、ロンドン、パリといった都市を次々と襲撃する。
猛攻撃は止むことなく続き、人類存続の要であった防衛システムも無力化してしまう。
355228_004.jpg  355228_002.jpg
完走
前作もそうだが何ゆえに「独立記念日」なんだろう。
7月4日に合わせて封切られるのも理解できない。

映画の内容は随所に理解不可能な戦いがある。
人種のるつぼの合衆国、移民と原住民殺戮の国が独立って訳わからん。

それと宇宙戦争が独立戦争かってえともっとわけわからん。
第一作よりもっとちゃちなストーリーに睡魔が襲ってくる。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。