> 第11回佐渡ロングライド210 当日編

第11回佐渡ロングライド210 当日編

ここでは、「第11回佐渡ロングライド210 当日編」 に関する記事を紹介しています。
5月15日午前3時起床、支度整え。
前夜宿からいただいたおにぎり弁当で腹ごしらえ。とはいえ早朝にそんなに食えるものではない。
ホテルからスタート会場までは車載輪行。4時出発。空は明るくなって好天の兆し。

特設駐車場にてバイク組み立て、ここでアクシデント。サドルのCポストボルトが紛失していて固定不可能。
パニック寸前、やむなくメカスタッフのいるテントへ。
BSアンカーのブースでボルト調達、取り付けまでしてくれてお代は不要とか感謝。

P1170311_convert_20160518172003.jpg  P1170306_convert_20160518172028.jpg
ロスタイムを吸収すべく急いでスタートラインへ。
おっといけないっチェーンへの給油できてない。
まっ20㎞先のエイドSTATIONでメカニックにお願いしよう。

P1170324_convert_20160518172100.jpg  P1170316_convert_20160518172125.jpg
ちょっとしたアップダウンはあるもの沿道の声援に気持ちよく走行。

P1170373_convert_20160518172200.jpg  P1170375_convert_20160518172238.jpg
間もなく相川のエードステーションに到着。
先ずはメカニックのおじさんに我々2台のチェーンへの給油をしていただいた。
お代は帰ってからのお楽しみ、ということでここでも無償のサービス。感謝感謝。

ゲストライダー今井美穂ちゃんとのツーショット。おまんじゅうやポカリをいただいて早々にスタート。

P1170413_convert_20160518173244.jpg   P1170398_convert_20160518173204.jpg
快晴の天気にウインドブレーカー脱いでの快走。汗ばむ。

P1170426_convert_20160518173326.jpg   P1170450_convert_20160518173400.jpg
今年も沿道の声援がうれしい。 今井美穂ちゃんを激写。ところで彼女は何者?・・・
「新潟県地域活性化モデル今井美穂」これが正式名称娘とか。 以後お見知りおきを。

P1170493_convert_20160518173511.jpg  P1170498_convert_20160518173538.jpg
40㎞地点入崎エードステーション到着。
お餅の提供もあったりして佐渡は食いもんがいいね。まだ元気なうちにと先へ駒を進める。

P1170538_convert_20160518173606.jpg  P1170540_convert_20160518173651.jpg
佐渡ロングライド名物のZett坂が見えてきた。坂の勾配自体は大したことはない。
コーナー部分が工事中ではあったが気持ちよく頂上へ。景色は最高。

P1170442_convert_20160518173845.jpg  P1170549_convert_20160518173725.jpg
次なる絶景地は大野亀。ここもきつい坂がある。笑顔で通過。
途中ミラノの故木村ボスを知る千葉から参加のライダーからお声がかかる。しばし思い出噺をしながら並走。
ミラノジャージで参加してよかった。ボス木村に逢えた気がした。

P1170578_convert_20160518173809.jpg  P1170585_convert_20160518173910.jpg
次なるエイドステーションは80㎞地点のはじき野。
ここのおむすびは最高に旨い。今年は醤油味だったね。

P1170589_convert_20160518173959.jpg  P1170640_convert_20160518174204.jpg
はじき野を過ぎると佐渡東海岸。景色はさほど出はないが単調な海岸線だ。
両津港まで一気に走る。途中落車事故処理の救急車とパトカーに2度遭遇。クワバラクワバラ。

P1170612_convert_20160518174028.jpg  P1170620_convert_20160518174050.jpg
両津港BS到着。100㎞地点でのお昼のお弁当提供である。
なにか手順にトラブルか弁当待ちの長蛇の列。適度にお腹は保たれてるので一部パス。
それにしてもサービスのいちご娘の笑顔に癒された。孫の分まで苺をいただいた。大笑いだね。
通過タイム制限前には出立。残すは30㎞だ。

P1170629_convert_20160518174126.jpg  P1170652_convert_20160518174248.jpg  
佐渡の田園地帯を抜けて真野湾を目指すルートである。
ここでも沿道の声援にペタルが軽くなる。
酒蔵真野鶴のお店でも応援団員が約1名。
GOALはすぐそこ。

P1170664_convert_20160518174320_201605190540445af.jpg  P1170668_convert_20160518174349.jpg
MCの「nebanebaさんお帰りなさい」のアナウスに迎えられて無事GOAL。
ゴール手前のセンサーで読み取られたデータがMC手元のモニターに伝えられるシステムなんだな。

「でかしました」の完走証と地元主婦のお味噌汁をいただいた。
ここでの接待が一番HOTさせてくれる。

P1170692_convert_20160518174420.jpg  P1170701_convert_20160518174454.jpg
コルナゴ君を車載して撤収。 この際車内から紛失したはずのシーポスト固定ボルト発見。
なんとまあ今年の佐渡の「落ち」はここだ。和田アキ子さん「笑って許して」。

さてさて温泉での癒しを求めて宿へ帰還。
いいねえ温泉と佐渡。また来年も佐渡へ佐渡へと・・・・・。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック