> 映画『エヴェレスト 神々の山嶺』

映画『エヴェレスト 神々の山嶺』

ここでは、「映画『エヴェレスト 神々の山嶺』」 に関する記事を紹介しています。
3月は春休み子供祭りで映画はお子ちゃま向けばかりでこれぞというプログラムが少ない。
暇つぶしにこんなのを観た。  上映時間:2時間2分  出演は、尾野真千子ら。
354205_005.jpg  354205_003.jpg
ストーリー
ネパールの首都カトマンズ。
ヒマラヤ山脈が見えるその街で、日本人カメラマンの深町誠(岡田准一)は古めかしいカメラを見つける。
それはイギリス人登山家ジョージ・マロリーが、1924年6月8日にエベレスト登頂に初めて成功したか否かが、判断できるかもしれないカメラだった。
カメラについて調べを進める深町は、羽生丈二(阿部寛)というアルピニストの存在にたどり着く。

354205_001.jpg  354205_006.jpg
完走
大規模ロケを敢行したヒマラヤの荘厳な風景だけは見もの
過酷な自然にぶつかっていく男たちの思いが交錯する熱いドラマになるはずだったであろう。

が、肝心なシーンは嵐でフェイドアウトするという技法でぼかされてしまっている。
加えてストーリー自体も後半にボケてしまってあの情熱は何だったので終わる。

岡田准一の小柄でメタボ腹が気になった。役不足。
阿部寛はしっかりその精悍さを山に向かって演技してた。

山は登るものではなく下から見上げるものであると確信する。
そこに山があるから登るでもなく、そこに俺がいるから山に登るでもない。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック