> 嵐山で舟遊び

嵐山で舟遊び

ここでは、「嵐山で舟遊び」 に関する記事を紹介しています。
3月27日
遅い朝食に遅いチェックアウト11時。
P1150528_convert_20160404120755.jpg  P1150524_convert_20160404115020.jpg  
旅館前で記念写真の後に夫々の生活基盤に帰るのでありました。
お互いみなさん良い御年頃、いつまた会えるかそれまでお元気でねと。

P1150531_convert_20160404115126.jpg  P1150533_convert_20160404120836.jpg  
我々夫婦は夕方までに帰宅すればよしてしてもう少し嵐山を楽しむことに。

P1150535_convert_20160404120902.jpg  P1150552_convert_20160404121038.jpg

渡月橋からさかのぼること1㎞の舟遊び、船賃は2人だと7,000円にもなるが相乗りシェアーで2200円ということでカナダ人親子3人と韓国人ペアと合計7人で割り勘乗船。日本語はあまり通じない。

P1150547_convert_20160404121008.jpg  P1150538_convert_20160404120935.jpg
途中物売り舟が近づいてきて京都のしっかり娘に缶ビールを買わされた。おでんやイカ焼きもあった。
約一時間の舟遊びであった。

下船後天龍寺や嵐電鉄嵐山を経てトロッコ電車嵯峨野に向かう。
この間人人人のあふれかえる嵯峨野であった。もちろん外国人多し。

P1150563_convert_20160404121113.jpg  P1150565_convert_20160404121150.jpg
嵯峨野から嵐山を経て保津峡を下に見て亀岡間を往復するトロッコ電車に乗る。

P1150566_convert_20160404121228.jpg  P1150581_convert_20160404121406.jpg
ガタゴトガタコトとのんびり走るトロット列車も風情あっていいもんだ。

P1150583_convert_20160404121310.jpg  P1150603_convert_20160404121448.jpg
亀岡から保津峡を下る舟も見下ろせて絶景である。列車と船の双方の客同士が手を振り合って交歓。これもよし。

P1150575_convert_20160404124011.jpg  P1150571_convert_20160404123911.jpg
折り返し駅亀岡駅では8体のタヌキが迎えてくれた。

P1150649_convert_20160404124619.jpg  P1150561_convert_20160404124653.jpg
トロッコ駅には国家君が代の歌詞にもでてくる「さざれ石」が展示されていた。巌となりて雨ざらしではある。苔はまだ生えてはいなかった。
国鉄嵯峨野駅前食堂でニシンそばで腹ごしらえ。けっこう美人な外人客もいて箸をうまく使いこなしていた。

嵯峨野駅から京都二条城駅へ
まだ時間も早いことからここから3条通りを先斗町までお腹空かせるために歩こうという算段であ。

P1150654_convert_20160404123945.jpg  P1150661_convert_20160404121524.jpg
京都の大通りにはガードレールがない。すっきりしていていいねぇ。
それに有料の自転車置き場も整備されていて気分いい。自転車道としても歩道が区分けされているがこれは歩行者自転車ともにうまく使い分けてないイメージだね

P1150675_convert_20160404121911.jpg  P1150684_convert_20160404121758.jpg
鴨川沿いに肩の触れ合うくらいの細い路地が山上から試乗まで津続いている。
飲み屋街先斗町だ。いっぺんここで飲んでみたくて鴨川の河原の見える店の席を確保した。

P1150686_convert_20160404121717.jpg  P1150692_convert_20160404121650.jpg
鴨川と並んで高瀬川が窓の下を流れている。カナダ人カップルと隣り合わせだったが彼らはよく食うね。
そんなこんなでほろ酔い気分で京都駅に向かうのでありました。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック