> 映画 キャロル

映画 キャロル

ここでは、「映画 キャロル」 に関する記事を紹介しています。
英題:CAROL製作年   上映時間:1時間58分
同性ながらも強く惹(ひ)かれ合う女性たちに待ち受ける運命を追い掛ける。
354600_001.jpg  354600_003.jpg
ストーリー
1952年のニューヨーク。デパートでアルバイトをするテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘へのプレゼントを探すキャロル(ケイト・ブランシェット)に応対する。

優雅で気品に満ちた美しさを誇るも、謎めいたムードもある彼女に魅了されたテレーズ。
彼女にクリスマスカードを送ったのを契機に、二人は会っては話をする仲になる。

娘の親権をめぐって離婚訴訟中の夫と争うキャロルと恋人からの求婚に思い悩むテレーズ。
そんな中、彼女たちは旅行に出掛ける。
354600_002.jpg  354600_007.jpg
完走
イントロ部分が長すぎ、ストーリーもゆっくりズムで飽きる。
同性の愛は謎の世界 エロチックでも何でもない

不可解とまでは言わないが「金返せ」映画に変わりない。
舞台となる1950年代初頭のニューヨークを再現した中途半端な美術を見透かす。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック