> 映画「母と暮らせば」

映画「母と暮らせば」

ここでは、「映画「母と暮らせば」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本公開:2015年12月12日 上映時間:2時間10分
山田洋次監督

原爆で亡くなった家族が亡霊となって舞い戻る姿を描く人間ドラマ。
原爆で壊滅的な被害を受けた長崎を舞台に、この世とあの世の人間が織り成す不思議な物語を映し出す。

352873_001.jpg  352873_005.jpg
ストーリー
1948年8月9日、長崎で助産師をしている伸子(吉永小百合)のところに、3年前に原爆で失ったはずの息子の浩二(二宮和也)姿を見せる。

あまりのことにぼうぜんとする母を尻目に、すでに死んでいる息子はその後もちょくちょく顔を出すようになる。
当時医者を目指していた浩二には、将来を約束した恋人の町子(黒木華)がいた。

352873_003.jpg  352873_002.jpg
完走
二宮和也はミスキャスト浅野忠信も演技不足。正直に言って「退屈」。
吉永小百合は良しとしよう。

この作者の「遺志」はを継がなくてはならないが山田洋二監督に言いたい、直接的表現よりもっと別な演出にした方がいいなぁ。
日本は紛れもなく被爆国であり、敗戦国だ。その認識は持ち続けたいね。

正月映画にはならない。原発反対、安保法案・戦争反対。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。