> 宮古島ポタライド 3日目

宮古島ポタライド 3日目

ここでは、「宮古島ポタライド 3日目」 に関する記事を紹介しています。
宮古島3日目
今日はホテルから宮古島北端の池間島までを往復することにした。

P1090923_convert_20151111165303.jpg  P1090947_convert_20151111165344.jpg
先ずはガジュマロと記念撮影、なぜか五郎丸ポーズの財務大臣様。
ホテルから池間島までは約25キロメートル、途中の街路樹のヤシの実が鮮やかに色づいているのであった。

P1090970_convert_20151111165417.jpg  P1090974_convert_20151111170442.jpg  
向かい風を避けての池間島への近道探してちょっと道に迷った末に休憩地に選んだのが宮古島海中公園。
「途中下車休憩」の甲斐あって別世界で海中遊泳。

P1090979_convert_20151111165502.jpg  P1100077_convert_20151111174139.jpg
海中公園前からは昨日渡った伊良部大橋と伊良部島そして宿泊ホテルが眺められた。
ここの海も素晴らしいエメラルド。

P1090984_convert_20151111165532.jpg  P1090993_convert_20151111165558.jpg
池間島を目の前にして西の浜ビーチにて再度休憩。
宮古島名産雪塩工場で雪塩ソフトクリームをいただく。

P1100013_convert_20151111165640.jpg  P1100057_convert_20151111170543.jpg
さあってと池間島大橋を渡る。

P1100086_convert_20151111173843.jpg  P1100098_convert_20151111173914.jpg
この橋も正式には「農道」とか。基地国沖縄への免罪&支援予算のたまものか。この際それは置いといて綺麗な海だぁ。

P1100102_convert_20151111165740.jpg  P1100135_convert_20151111165814.jpg
大橋袂の海の綺麗なこと。ウットリ。しばし現世を忘れてしまう。
とはいえ折り返しの途につく。帰路は追い風に乗ってスイスイ。

P1100143_convert_20151111165937.jpg  P1100151_convert_20151111170011.jpg
宮古島には「宮古島まもる君」なるお巡りさんが20人。ちょび髭生やした守君もいる。
そしてその妹が1人おられるというがその妹婦警さんには今だ会っていない。

P1100159_convert_20151111170044.jpg  P1100161_convert_20151111170110.jpg
昼食は初日に立ち寄ったあのお店。
今日はメニューを替えてこれ。沖縄名物といわれる「・・・そば」はどうも私には今市市なんでね。

P1100162_convert_20151111170140.jpg  P1100166_convert_20151111170204.jpg
満腹癒しに店の芽の前の海水浴場パイナガマビーチで海風に当たる。
ここで我々に近づいてきた地元出身で神奈川からのUターン青年と談笑。
彼はかつて沖縄本島での笑ってない目をした琉球人より親近感はあるし好感度最高。
彼は宮古島の骨となって活躍していただけることを希望します。

P1100179_convert_20151111170316.jpg  P1100209_convert_20151111170237.jpg
平良港経由でホテルゴルフ場をぐるっとして帰着
ホテルのポーター女史にシャッター押していただいて本日のポタラン終了。
総走行距離66㎞でした。

P1100223_convert_20151111170358.jpg  P1100224_convert_20151111170639_20151111172100003.jpg
夕食後ホテルのショップでみやげもの物色。
目につくものはこれ、泡盛。自分への土産にすっかな。

さあて明日は今回の最終日、宮古島の綺麗所を観て越谷帰還としよう。
2015年11月2日 月曜日
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック