> ツールド三陸in陸前高田2015 前日編

ツールド三陸in陸前高田2015 前日編

ここでは、「ツールド三陸in陸前高田2015 前日編」 に関する記事を紹介しています。
10月10日
ツールド三陸2015in陸前高田&大船渡へ参加のために早朝越谷の自宅を出発
3.11東日本大震災の復興支援サイクリング 今回で4回目の参加である。

P1080537_convert_20151016103546.jpg  P1080542_convert_20151016103613.jpg
陸前高田のあの奇跡の一本松近くには復興まちづくり情報館と慰霊館がたっていた。
中では中央に被災した松の根っこが逆さに展示され、壁には復興計画のデスプレー等が展示されていた。

P1080535_convert_20151016103516.jpg  P1080533_convert_20151016103452.jpg
遅々として進まぬ復興を見届ける意もあるこの大会参加であるが、陸前高田では山を削ってベルトコンベアで搬送し、盛り土するあの計画も2年半かかるとされていたが搬送波終了して巨大なベルトコンベアは解体が始まっていた。

盛り土の台地には当然ながらまだ建物一つない「荒野」である。

P1080576_convert_20151016103756.jpg  P1080586_convert_20151016103915.jpg  
海岸線には高さ15メートルもの防波堤を建築中である。当然旧市街地あたりからは海は見えない。
海の見える高台では宅地造成が盛んにおこなわれていた。

旧市街に―住んでいた住民は全てこの高台に移り住むという。
としたならば盛り土した旧市街には誰の住宅が立つのだろう????。まあ部外者の私としてはこの先何年かかけて推移を見守るしかない。

P1080549_convert_20151016105113_201510161054124ac.jpg  P1080560_convert_20151016105241.jpg
さて、前日受付のために仮設市役所の前の立派な建物の陸前高田コミニティーセンター会場入り。
隣には防災センターと消防署が併設されていた。

P1080572_convert_20151016103723.jpg  P1080570_convert_20151016103657.jpg
受付ではゼッケンと参加記念品をいただく。

P1080557_convert_20151016103636.jpg  P1080553_convert_20151016105207.jpg
続々と集まってくる参加者と試走に出発するボランティアをしり目に早々に宿入りをする。
この日の宿はやはり今年再建した陸前高田唯一のホテルキャピタルホテル1000

ホテルは高台にポツンと建ち周りは何もない。遠くに海だけ見える
夕食後震災語りべの講話を聞いた。「悲惨」さと「備え」の大切さを知る・


この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック