> 映画「ソロモンの偽証 後篇・裁判」

映画「ソロモンの偽証 後篇・裁判」

ここでは、「映画「ソロモンの偽証 後篇・裁判」」 に関する記事を紹介しています。
上映時間:2時間26分
宮部みゆきのミステリー巨編を映画化した『ソロモンの偽証』の後編。
男子生徒の転落死により動揺が広がる中学校内で、生徒たちが自主的に行う校内裁判の様子を臨場感たっぷりに映し出す。
前編同様生徒役たちの裁判によって明らかになる、ショッキングな真相に言葉を失う。
350416_004.jpg  350416_003.jpg
ストーリー
被告人大出俊次(清水尋也)の出廷拒否により校内裁判の開廷が危ぶまれる中、神原和彦(板垣瑞生)は大出の出廷に全力を尽くす。

同様に藤野涼子(藤野涼子)も浅井松子(富田望生)の死後、沈黙を続ける三宅樹理(石井杏奈)に証人として校内裁判に出廷するよう呼び掛ける。

さてネタバレ
柏木卓也(望月歩)が亡くなった晩、卓也の自宅に公衆電話から4回の電話が・・・これが真相のポイント。

350416_002.jpg  350416_001.jpg
完走
裁判自体現実離れしてるけどそれが映画だよね。
見応えはある。
真面目な映画だ。年頃の親子で観るにはいいかも。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック