> 12月・師走は望年会が生活だ⑤

12月・師走は望年会が生活だ⑤

ここでは、「12月・師走は望年会が生活だ⑤」 に関する記事を紹介しています。
12月23日 火
京都 南禅寺
財務大臣と2人だけの望年会
P1180677_convert_20141226121051.jpg  P1180922_convert_20141226115801.jpg 
早起きして8時の新幹線で京都へ。「そうだ、京都へ行こう」、というわけではない。6歳上の入院中の姉の見舞いである。途中見事な富士山を車窓にとらえた。
静岡側の富士山の冠雪がアンバランスなのがちょっぴり不満。

P1180944_convert_20141226115823.jpg   P1180950_convert_20141226115851.jpg
大学病院では甥と姪にも再会してその病院のレストランで昼食を摂ってしばし歓談。
手術の成功率99%とか、無事退院を願っておいとま。

P1180982_convert_20141226121114.jpg  P1180986_convert_20141226121137.jpg
何年ぶりかの京都、南禅寺界隈を散策

P1190002_convert_20141226122344.jpg  P1180995_convert_20141226115917.jpg
当然必然自然に南禅寺参道脇にて湯豆腐で財務大臣と二人だけの望年会。

P1190012_convert_20141226121217.jpg  P1190019_convert_20141226122431.jpg
そして京都駅までぶらりぶらり歩くこと6㎞。祇園を過ぎたあたりで疲れて「ヘイッタクシー」。
京都駅から新幹線にて帰京、車中で知床旅情某女性歌手とニァ席、座席で化粧落して弁当にかぶりつく姿をかいま見てしまった。当然声をかけることはできなかった。

12月24日 水  雪国の大雪はウソのような晴天。
王子 親王会 望年会
P1190022_convert_20141226121326.jpg   P1190028_convert_20141226121508.jpg
前職を離れて8年余、いまだに毎月定期的に飲み会を継続していて、今更のように今月は望年会。

P1190030_convert_20141226121723.jpg  P1190032_convert_20141226121538.jpg
飲むほどに酔うほどにテンションアップ。
帰宅して翌朝、こんな写真を撮った記憶すらない。まあいいっか。

さてさて、今年の望年会締めくくりは12月27日 土
信州伊那市 伊那北高校十八の会望年会へと続く。体も続く・・かな?
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック