> 映画「フューリー」

映画「フューリー」

ここでは、「映画「フューリー」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英題「FURY 」 上映時間:2時間15分
ナチスドイツ相手に戦車で戦いを挑む5人の男たちの姿を描く戦慄の戦争ドラマ。
第2次世界大戦末期、戦車を駆使して敵軍に立ち向かう兵士たちの過酷なバトルを追う
349750_001フューリー  349750_002フューリー
ストーリー
1945年4月、ナチスがはびこるドイツに総攻撃を仕掛ける連合軍に、ウォーダディーというニックネームのアメリカ人兵士(ブラッド・ピット)がいた。

自らフューリーと名付けたアメリカ製の中型戦車シャーマンM4のカリスマ軍曹の元へ、新兵ノーマン(ローガン・ラーマン)が加わることになり出撃する。

349750_007フューリー  349750_011フューリー
完走
悲惨な戦闘現場と奇襲攻撃。非人間的行動と兵士たちの絆も重要なポイントだ。
生き残るために敵を殺す。

戦場からの帰還兵がその多くを語らなかったり精神の病に陥った話はよく聞く。
私の父も敗戦後旧満州からロシア兵に追われて命からがら帰還したというが、私は父からその話を直接聞いたことがない。

この映画は戦場こそはドイツであるがその悲惨さ非人間的な有様を垣間見たように感じた。戦場には英雄はいない。

人一人を殺せば殺人罪、1000人殺せば英雄か?
戦争はしちゃあいけない。腹の奥がズシンと重くなる映画だがお奨め100.
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。