> 石垣島ライド 観光編

石垣島ライド 観光編

ここでは、「石垣島ライド 観光編」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月24日
「アースライド石垣島」(10/26)に参加するために前々日から日本最南端の島にお出かけした。
夜も明けきらぬ午前4時半に家を出て、日の出を見ながら羽田でコンビニおにぎりとお茶で朝食をとる。

P1080892_convert_20141028124701.jpg  P1080937_convert_20141028124828.jpg
東京から直線で約2000㌔離れた八重山群島の石垣島まで直行便で3時間。
ここ2・3年訪れていた宮古島上空を通過した時はやっと着くかとウキウキ。

すでに宅急便でコルナゴ君は先にホテルに到着済みであるがこの日はレンタカーを駆って当日のコース下見と観光の日とした。
i_zentou_20141028124532c09.gifP1080999_convert_20141028131455_2014102813195535c.jpg
空港でgetしたレンタカーで島一番の繁華街隣接の八重山諸島への離島ターミナル港を出発して時計回りに海岸線を走る。

P1090015_convert_20141028125910_20141028132723d37.jpg  P1090023_convert_20141028125945.jpg  
先ずは腹ごしらえにゾウキそば、美味しぃってえほどではないがまずまずの沖縄名物であ。
そして観音崎へ。海は綺麗だぁ。石垣へ来てよかったとまず感激。

P1090046_convert_20141028130009.jpg  P1090044_convert_20141028130041.jpg  
「やいま村」の旧住居群の見学、土台にはいろいろな種類の珊瑚が使われているのは沖縄らしい。

P1090051_convert_20141028130127.jpg  P1090082_convert_20141028130156.jpg
りす猿の群と遭遇。

P1090088_convert_20141028130223.jpg  P1090139_convert_20141028130253.jpg  
御神崎灯台 。石垣島の最西端にある灯台である。 高台から眼下に広がる紺碧の海に絶句。

P1090156_convert_20141028164507_201410281757535ae.jpg  P1090146_convert_20141028130327_20141028165549daa.jpg  P109016088888888888888888_20141028170431cb0.jpg
石垣島と言えば川平湾と聞いた。 日本百景にも選ばれているその美しさをたっぷり堪能。
湾縁の石垣真珠店のカフェでトロピカルかき氷をいただく。

P1090181_convert_20141028145558.jpg  P1090176_convert_20141028130543.jpg
石垣島の最北端の地への道すがら黒毛和牛の放牧地に遭遇。
ウッシッシ、ウッシッシの大放牧中であった。牛さんの多さからかモウ暑、同行の財務大臣様は熱射&紫外線除けのマスクで変身のたモウた。

P1090198_convert_20141028130620.jpg  P1090185_convert_20141028170805.jpg
石垣島の最北端に位置する平久保崎灯台。ここからの景色はサンゴ礁に囲まれて様々なブルーの海。
三百五十五度の大パノラマはまさに絶景であった。
P1090210_convert_20141028164350.jpg  P1090215_convert_20141028164421.jpg

P1090228_convert_20141028172942.jpg  P1090233_convert_20141028130656.jpg
さてっ、レンタカーでの島内観光とupdownの激しいコース視察を終えてホテルにチェックイン。
先ずは先着のコルナゴ君を部屋で組み立てて明日の西表島試乗に備える。

P1090242_convert_20141028130912.jpg  P1090247_convert_20141028130952.jpg
その後はお楽しみの島食。もちろん泡盛が主役。もちろんてんこ盛りの呑み。
海ぶどうはさっぱりしていて肴には良いねぇ。
島野菜のてんぷらのネタのゴーヤだけはわかるが、ナーベラー、紅芋、長命草、アダン、ハンガマ等々聞いたこともない野菜ばかり。栄養価は高そうだ。
グルクンという沖縄の県魚の唐揚げはシークアーサーを添えて骨まで食べられる。

さあて明日は西表を走ってみよう。船の出航時間に遅れまいと早寝とした。

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。