> 若さパンパンライド

若さパンパンライド

ここでは、「若さパンパンライド」 に関する記事を紹介しています。
高校時代の旧友の子息T君からのお誘いでその友人Oご夫妻との江戸川CRライド。
還暦をトゥに過ぎた私に声掛けてくれる若者はめったにいない、いそいそとお出かけしたのは当然である。

P1070654_convert_20141004220051.jpg  P1070646_convert_20141004214559.jpg
集合場所は江戸川玉葉橋西詰、走り屋T君と最近ロードにハマったというOご夫妻、自己紹介の後江戸川右岸を北上して関宿城を目指す。

P1070640_convert_20141004220329.jpg  P1070650_convert_20141004215859.jpg  
当初は慣らし運行で「爺」に合わせてくれているのはありがたい。
途中「竜宮館」で小休止。当然地下宮殿は否公開、先へ進行。

P1070660_convert_20141004215044.jpg  P1070706_convert_20141004214645.jpg
関宿城脇で記念ショットの後に城直下の〇〇食堂で昼食、美味とは言えないがとりあえず満腹。
下調べをしておいて「Gibson氏ご用達」のお店に行くべきであったことを反省。
帰路は江戸川左岸を南下、「そうだ喜八堂へ行こう」甘味で口直しだね。

P1070694_convert_20141004215227.jpg  P1070692_convert_20141004215801.jpg

O夫妻はロードを始めてから毎週のようにカップリングライド&喜八堂甘味付とか。いわば「常連」さん。
この常連さんの御蔭で女将がだんごのサービス。そして我々が喜八堂の前の通行量の多い道路からの入店を危険だからと店裏の工場入り口の近道をこそっと教えてくれたりで大収穫であった。

P1070722_convert_20141004214807.jpg  P1070736_convert_20141004215529.jpg
さて、喜八堂を後にして再びの江戸川左岸、今度はO婦人に先頭を野田橋まで引っ張っていただいた。
向かい風の逆風下、なんやら初心者とは思えぬ「曳」。爺としては必至の追随であった。

P1070677_convert_20141004215315.jpg  P1070714_convert_20141004214855.jpg
野田橋から玉葉橋へポタライド。

P1070810_convert_20141004215142.jpg  P1070815_convert_20141004215431.jpg
玉葉橋にてGOAL。次はヒルクライムでという若者たちと再会を喫して解散。
わたくしは例によってライドの後の休憩をレイクタウンでとってから帰宅と相成った。

本日の総走行距離82.5㎞であった。
若者と走って「元気」を戴いた歓喜の一日であった。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック