> 映画「舞妓はレディ」

映画「舞妓はレディ」

ここでは、「映画「舞妓はレディ」」 に関する記事を紹介しています。
上映時間:2時間15分
ある少女が舞妓を夢見て京都の花街に飛び込み、立派な舞妓を目指し成長していく姿を歌や踊りを交えて描く。
348578_001舞妓はレディ  348578_005舞妓はレディ
ストーリー
古都・京都。お茶屋・万寿楽にある夜、絶対に舞妓になりたいと少女・春子(上白石萌音)が押し掛けてくる。
春子は必死で頼み込むが、誰も相手にしようとしない。

ところが偶然その様子を目にした言語学者の「センセ」こと京野(長谷川博己)が、鹿児島弁と津軽弁が混ざった彼女に関心を寄せたことから、晴れて万寿楽の仕込み(見習い)になる春子だったが……。
348578_003舞妓はレディ  348578_010舞妓はレディ
完走
完全なる楽しいおバカ映画だがミュージカル仕立てにしたところが面白い。
新人女優をヒロインに仕立てているが脇を長谷川博己、富司純子、渡辺えり、岸部一徳ら実力派が固めて盛り立てている。

おバカ映画のはずが感涙場面もあったりで楽しめる。
京都花柳界の「お勉強」にもなる。暇つぶしにはもってこいの映画らしい映画かも。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック