> ツールド東北2014 翌日編

ツールド東北2014 翌日編

ここでは、「ツールド東北2014 翌日編」 に関する記事を紹介しています。
9月15日
昨夜は和食に和酒で100㎞走っての心地よい疲れにさそわれてゆっくり眠りを貪って
そしてその朝。敬老の日。

P1060692_convert_20140919123552.jpg  P1060722_convert_20140919123618.jpg
朝湯に浸かって遅い朝食をいただいてまったりとした時間を過ごさせていただいた。
宿のチェックアウトぎりぎりまでうたた寝してGO to homeだ。うん、帰えろうの日だ。

P1060728_convert_20140919125421.jpg  P1060730_convert_20140919123742.jpg
とはいえ、せっかく松島に宿取ったのだから観光もということで伊達家の厚い庇護を受けたといわれる瑞巌寺へ。
瑞巌寺は正式には「松島青龍山瑞巌円福禅寺」というらしい。

P1060731_convert_20140919123808.jpg  P1060734_convert_20140919123835.jpg
参道にある3.11の津波はここまでの標識。幸いに建物の被害はなかったものの塩害いで切り倒された杉の切り株がそこここに目立つ参道であった。

P1060738_convert_20140919123922.jpg  P1060742_convert_20140919123948.jpg
庫裏は入館して見学できたが本堂は長期修復工事中であった。
庫裏に入ってすぐ目立つのは食事時を告げるたり火事を知らせるこの重要文化財の雲板、これはレプリカだが宝物館には本物が吊るされていた。

P1060733_convert_20140919130727.jpg  P1060749_convert_20140919124015.jpg 
瑞巌寺洞窟六地蔵と重要文化財松島五大堂をながめてから、さてさて仙台から東北道を経て本格的帰路を取る。

P1060754_convert_20140919124049.jpg  P1060762_convert_20140919124229.jpg
東北道 上り羽生パーキングエリアでは「鬼平江戸処」にお立ち寄り。
前回立ち寄った時よりも人気うすなのか人出が若干落ちたかなといったところだ。

P1060760_convert_20140919124150.jpg  P1060757_convert_20140919124124.jpg
前回は「五鉄」で「軍鶏鍋屋」を戴いたのだが今回は、「本所さなだや」の「天南そば」をいただいて、うなぎ屋「忠八」の「うな重」を自分の夜食用に土産にした。

P1060764_convert_20140919124252.jpg  P1060766_convert_20140919124310.jpg
休日にしては食事する客が少ないのは寂しい。
そんなこんなのツールド東北余話でありました。
この記事へのコメント
瑞巌寺に行かれたのですね
あそこは何となく空気が凛とした感じがします。
津波の被害も大したことはなくて良かったです
海沿いのお店は結構大変だったみたいですけれど
今回も充実した休日でしたね~羨ましいな~ぁ
2014/09/19(金) 21:17 | URL | 桜子ちゃん #-[ 編集]
奥様と一緒に自転車イベントに行けるというのは羨ましいです。私も行ったことがあるのですが、松島の瑞巌寺は、さすがに津波の被害を受けないギリギリの線に建てられていましたね。知恵ですね。

鬼平エリアは、自転車では入れないので残念です。いつか公開ほしいです^^。
2014/09/20(土) 04:18 | URL | kincyan #sSHoJftA[ 編集]
待ったりした休日を過ごさせていただきました。
また機会あったらオットット星人さまのお店にも
よらせていただきますね

2014/09/20(土) 06:22 | URL | nebaneba #-[ 編集]
妻とのイベント参加はどなたかが言ってましたけど
「介護付き」イベントですかね。

鬼平エリアは、自転車で裏口侵入は出きると思うけど
ダメかねぇ


2014/09/20(土) 06:26 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック