> ツールド東北 2014 当日編

ツールド東北 2014 当日編

ここでは、「ツールド東北 2014 当日編」 に関する記事を紹介しています。
9月14日日曜日午前4時松島の宿を出発
途中7コンビニにておにぎり朝食&トイレうんちタイム

気温20度弱 霧も出でちょっぴり肌寒いがいいライド日和となりそうだ。
スタート会場はすでに3千人近いライダーと関係スタッフや応援ファミリー等で溢れかえっていた。
P1060292_convert_20140917114116.jpg  P1060291_convert_20140917115901.jpg  
午前5時過ぎ 南三陸までを往復する170㌔コースの田中君村尾君を激励 二人はゴールでの再会を約束して元気よくスタートしていった。
市川サイクリング倶楽部から参戦しているはずのTomo Inoue氏とは会えずじまい。

P1060296_convert_20140917120104.jpg  P1060303_convert_20140917120141.jpg
何故か別府選手の兄貴によるセレモニーの後、われわれの参戦する北上川ルート100㎞コースのスタート、午前6時15分。
当初は仙台「まつもとサイクル」謹製クロモリバイクで参戦予定であったが、100㎞の尻の耐久に不安もあって急遽初代コルナゴ君にひ弱な私の尻を委ねることにした。

P1060318_convert_20140917120221.jpg  P1060348_convert_20140917120412.jpg
朝霧ついて快走。沿道の応援もうれしい。東北EAGLEのユニホーム姿の姉妹が可愛かった。
この姉妹の若いお母さんが私のカメラを奪って我々のツーショットを撮ってくれた。

P1060321_convert_20140917120257.jpg  P1060331_convert_20140917120337.jpg
霧も晴れてウィンドブレーカーは脱ぎ捨てての快走。万石浦付近の海岸線は明美だ。大勢の応援団もうれしい。

P1060379_convert_20140917121504.jpg  P1060353_convert_20140917120723.jpg
津波の爪痕は顕著には残っていないもの民家の再建の姿は見えない沿道で盛んに応援してくれる女川港近くの人々に迎えられて第一エイドステーションに到着。

P1060359_convert_20140917120501.jpg  P1060364_convert_20140917120537.jpg
女川エイドステーションでの熱々の「女川汁(秋刀魚のつみれ汁)」が地元のアッツイ心が伝わる。

P1060367_convert_20140917120612.jpg  P1060374_convert_20140917120807.jpg
ほんとに心温まる接待に元気を戴いた。
米国のケネディ大使も特別参加でこのエイドステーションにも立ち寄ることになっているからなのか報道カメラの三脚が林立していた。私もツーショットを狙っていたがここで2時間も待つわけにもいかずあえなく出発した。

P1060384_convert_20140917120843.jpg  P1060393_convert_20140917120933.jpg
更に沿道の応援に応えながらリアス海岸のアップダウンの試練にも応えなければならぬ。

P1060395_convert_20140917121020.jpg  P1060418_convert_20140917121547.jpg
リアス式海岸のアップダウンを繰り返す沿道の眺望はなかなかのものである。

P1060423_convert_20140917122014.jpg  P1060426_convert_20140917122046.jpg 
やがて震災前には「硯」生産日本一を誇った雄勝の第2エイドステーションに到着。
 
P1060428_convert_20140917121735.jpg  P1060431_convert_20140917121934.jpg  
宮城県随一の帆立貝の水揚げを誇る雄勝のエイドステーションの接待は当然この帆立焼き丸ごと。
旨いっ。うれしいねぇ。

P1060442_convert_20140917122136.jpg  P1060455_convert_20140917141109.jpg
雄勝のエイドステーションを出発すると本日最大の高低差100mの峠越え。だがこれを乗り越えれば北上川沿いの平坦路の快適ライド。
だがだが・・第3エイドの神割崎ステーションまでがこれまたアップダウンの繰り返し。

P1060452_convert_20140917122405.jpg  P1060462_convert_20140917122448.jpg  
天下の名勝神割崎で待っていてくれたのが「南三陸シーフードカレー」であ。
実はこの神割崎エイドステーションは昨年私がボランティアスタッフをしたその場所である。

「来年は絶対走ってライダーとして来てやる。」と思いながら接待したその場所である。
そんな感慨にしたりながらスタッフを激励したり昨年知り得た地元の海産会社の社長と再会できて談笑してカレーを味わうことができた。

P1060464_convert_20140917122526.jpg  P1060488_convert_20140917142033.jpg
さて、100㎞北上コースはここでUターン。GOALを目指すのである。

P1060483_convert_20140917122612.jpg  P1060512_convert_20140917122724.jpg
下り基調のコースを余裕で景色眺めのポタランしながら抜けると単調な北上川河岸をひたすらゴールを目指す。

P1060531_convert_20140917133533.jpg  P1060535_convert_20140917133613.jpg
川沿いの最終エイドステーションにお立ち寄り。
ここでの接待が本日最高の粋、「十三浜茶碗蒸し」。茶碗蒸しというより「絶妙な甘味」だったね。

さあ残り22kmを一気にGOALへと意気込んでみたものの、単調な河岸沿いは逆に気をそがれる。
P1060590_convert_20140917123526.jpg  P1060631_convert_20140917123231.jpg
だらける気持ちに鞭打って石巻専修大学のゴールへ。

P1060643_convert_20140917141225.jpg  P1060646_convert_20140917122854.jpg
幼稚園生の集団やファミリー応援団それに大勢のスタッフの「お帰りなさい。」の声に迎えられてゴールゲート通過。
完走証もゲット。

P1060652_convert_20140917122954.jpg  P1060650_convert_20140917123431.jpg
完走した達成感とここち良い疲れにしばし放心。
170㎞コースのTomo Inoue氏や田中君と村尾君を待つこと1時間、なんやら雷雲の登場&雨粒もポツリポツリ。
やむなく彼らにメールして帰着を待たずに退散することにした。

P1060706_convert_20140917123607.jpg  P1060672_convert_20140917123718.jpg
土砂降りのなかコルナゴ君を車載して松島の宿へたどり着いて温泉三昧、そして酒三昧。
いゃぁ自転車海苔最高。
来年も・・・。

昨年スタッフとして、今年ライダーとしての完走いや本当の感想
マンモス企業Yahoo!のこのイベントへの尽力には感謝するものの社員150名余も繰り出してのあまりにも商魂見え見えなのは気になるね。
今後はスタッフや運営が真の地元中心とした家族の手作り的な大会に進化していくこと望みます。
そんな意味で来年は東北か淡路島か思案中。
この記事へのコメント
いいなぁ! いいなぁ!

奥方ともご一緒。羨ましい限りです!
2014/09/18(木) 20:27 | URL | mikkunn #Wq5YXkik[ 編集]
羨ましがるほど手はありません。
ときには一緒に走らなと私の自転車生活は強力に制限されるからです。
身の安全のためのライドです。
介護付きライドと思ってください。

2014/09/18(木) 21:00 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック