> 「TOKYOセンチュリーライド in 荒川」

「TOKYOセンチュリーライド in 荒川」

ここでは、「「TOKYOセンチュリーライド in 荒川」」 に関する記事を紹介しています。
5月10日
TOKYOセンチュリーライド2008 in 荒川」に参加した。

天気予報では午後から雨。
朝5時おきしてコルナゴ君と小雨の中葛西臨海公園駐車場へ

私の駐車スペースのすぐ隣に、片山右京氏率いるチームエレファンとの鮮やかなバーテープの自転車満載のワゴン車が。関係者と思しき男性と二言、三言ご挨拶。

小降りの雨の中、どうも雲行きが不安だ。一旦組み立てたコルナゴ君をプリウスに片つけて、開会式だけでも観ようかとスタート地点へ。

スタート地点でまずは記念の写真をと、特別参加の今中大介氏や片山右京氏を中心とした
トップスタートグループを撮影したまでは良かったのだが、確認画面で画像がすべて露出オーバー。

カメラをいろいろ操作してみたものの復帰せず。

今日は走るのをやめたほうがいいという暗示か。

すると先ほど駐車場でチームエレファンとの自転車を下ろしていたお兄さんも写真撮影していて、ふと私と目があった。「まだスタートしないんですか」

この雨だから棄権しようかと言うと「せっかく来たのにモッタイナイ。」

「もったいない」の言葉になぜか心動かされ、「大降りになる直前まで走ろう」と決意。

走りなれている荒川沿いである。10キロ、20キロとエードステーションを過ぎるたびに空模様を気にしながら25キロの新荒川大橋まで到達。センチュリーライドイン荒川


いやこれ以上進んだら大降りのなかの帰路となる
ここで引き返すことにした。

葛西臨海公園到達14時。50キロ完走。 完走証123
あまり濡れずに帰着。

まあ、佐渡の前の軽いトレーニングをしたことにしよう。
でもちょい疲れ。

雨が小止みのうちにとそそくさと自転車をかたつけて帰宅の途に着いた。


それにしても悔しいのはデジカメの故障。
4年ほどのお付き合いでしたけどリコーのカメラ君ともお別れかな。



この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック