> 宮古島ポタ旅 1日目

宮古島ポタ旅 1日目

ここでは、「宮古島ポタ旅 1日目」 に関する記事を紹介しています。
3月21日
羽田発6時50分、に乗り遅れまいと早起きを強いられての旅立ち。

P1100032空ペン  P1100031朝カレー
羽田では「空弁」と思ったがビールとカレーで「早飯」。
彼岸のお中日の好天に恵まれて富士山が翼の向こうにクッキリ見える。だが寒い。


P1100038rrr.jpg  P1100058_convert_20140325114525.jpg
当初浮き浮きの宮古島まで約3時間の長時間空旅、外は雲海雲海また雲海。退屈だが孫悟空気分。
宮古島に近づくにつれ雲間ができ、島影がみえた時は「よっし明日は走るぞっ」の気が沸き立つのを覚えた。

P1100060ttttttt.jpg  P1100067レンタカー  
宮古空港でレンタカー確保しての明日の「ポタ」ランに備えて島内下見聞。
気温15度、宮古島にしては「寒い」防寒支度でいざスタート。

P1100082定食や P1100085定食
先ずは腹ごしらえと平良港近くの「あぱら樹」にて沖縄昼定食
12品これで1200円、満腹満足。ただし旅行会社の企画オプションで500円也。

P1100071雪塩工場 P1100064塩屋
宮古島のといえば「雪塩」。工場見学と販売店訪問。
P1100070雪塩  P1100079池間大橋
前回(昨年)同様明媚な橋池間島に掛かる池間大橋の散策。

その後ホテルチェックイン。
P1100094ロビー  P1100101ベランダ
ホテルロビーには[ヤマト便」別送のコルナゴ君が先に着いて待っていた。
明日早朝に開梱して組み立ててやることにして・・・

P1100104焼酎  P1100105ビール
まずは地元の「オリオンビールで」長旅の喉を潤す。
仕上げはもちろん地元の泡盛「菊の露」をロックをグイグイ、で前夜祭と相成った。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック