> 映画「利休にたずねよ」

映画「利休にたずねよ」

ここでは、「映画「利休にたずねよ」」 に関する記事を紹介しています。
「利休にたずねよ」2013年12月7日 上映時間:2時間3分

直木賞に輝いた山本兼一の小説を実写化した歴史ドラマ。
戦国時代から安土桃山時代に実在した茶人・千利休の若い頃の恋、それを経て培った美への情熱と執着を壮大に映し出す。

345694_013利休にたずねよ  345694_011利休にたずねよ


ストーリー
3,000もの兵に取り囲まれ、雨嵐の雷鳴が辺り一帯に響き渡る中、豊臣秀吉(大森南朋)の命によって切腹しようとする茶人・千利休(市川海老蔵)の姿があった。

ついに覚悟を決めて刃を腹に突き立てようとする彼に、利休夫人の宗恩(中谷美紀)は「自分以外の思い人がいたのではないか?」という、かねてから夫に抱いていた疑念をぶつける。

その言葉を受けた利休は、10代から今日に至るまでの波瀾(はらん)万丈な道のりを思い出していく
345694_001利休にたずねよ  345694_015利休にたずねよ

完走
利休の妻の嫉妬の物語だね。
文学作品を映画化した場合の典型的失敗作だ。

原作を読んだ者やその道の「通」にしか堪能できないとしたらそれは私のように映画を娯楽として見る側にとってはお仕着せの退屈感を味わうだけだ。

映画は映画として予備知識無くても楽しめるのがいいなぁ
落車だね。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック