> 桜田門でボランティア

桜田門でボランティア

ここでは、「桜田門でボランティア」 に関する記事を紹介しています。
秋晴れ、いや日本晴れのこの日、江戸城桜田門にコルナゴ君とお出かけした。
単なるライドではない。「皇居周辺マナーアップイベント」への参加である。

グッド・チャリズムのK氏を通じて日本自転車普及協会のT氏の依頼でこのイベントのボランティアを務めることとなった。

東京都千代田区主催による皇居周辺の歩道利用マナーアップキャンペーンである。
img181パンフレット  P1050835会場風景
皇居周回の約5kmの歩道がジョギングやランニングの愛好者によって溢れていることによって一般歩行者や観光客との融合が問題化しているようだ。

ライダーとしての私自身は歩道は殆んど走らないのだが、自転車利用側としてこのイベントに同席ということなんだな。

何故に人口密度の希薄な地域であるところの皇居の周回路にジョギングやランニングの人々が溢れているのか不可思議であるがこれはまたの機会に論ずるとして・・・・・・・・・。、
P1050811セレモニー  P1050815宣誓
先ずはセレモニーの後、ジョギング・ランナー・ライダー・の代表によるマナー遵守宣誓。

P1050821除幕  P1050823碑
続いて皇居周回歩道の利用マナー九ヶ条を刻した碑の除幕式。
さてさてどれだけの人がここ桜田門内の木陰のこの碑の文言を読んでくれるだろうか。

P1050825トークショー  P1050846来賓席
本日のメインエベントが、千代田区長と谷川真理さんとのトークショー。
このトークショーの中で解ったことは、この皇居周回歩道をランナーで溢れ返させた要因の一つは谷川真理その人のようである。

今から20ウン年前の現役時代の彼女が昼休みにこの5km30分のトレーニングランでパワーアップした伝説を市民ランナーが「真似」した。これが真相だね。

現役時代の若さと美貌とで溌剌として(私自身も憧れたファンの一人であるが)、あの資生堂そのものであった谷川真理もこんなに加齢化していたことに、チョット寂しさを感じた一瞬であった。
私も同様かな。

P1050842ストレッチ  P1050843グループ編成
皇居ランナー指導者の肩書きの谷川女史によるストレッチの後に、6組にグループ分けされた皇居ランナーの試走開始である。

P1050849濡れティッシュ  P1050861コルナゴ君
さて、ここからが私の出番。
与えられた使命は、一般ランナーヘのマナー向上アピールの活動。

それは「マナー九ヶ条」をアピールする「濡れティッシュ」の手渡し配布。
ビニール袋満杯約百個をスローランナー(ハイスピードランナーには手渡すのは危険)に手渡して無罪放免。

P1050855コルナゴ君  P1050850快走
チョットだけフラストレーションを吐き出すようなコルナゴ君をなだめながら「車道」を走って帰途につくNEBANEBAでありました。とさ。

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック