> センチュリーラン笠間奮戦記

センチュリーラン笠間奮戦記

ここでは、「センチュリーラン笠間奮戦記」 に関する記事を紹介しています。
笠間をスタートして筑波山の裾野の町々を巡る160キロメートルのコースだ。

P1050252フォームアップ  P1050262準備
3日前までの気象予報は大雨、DNスタートを決め込んでいたが当日はピーカンの超熱帯日。
これこそDNSと思ったが芸術の杜公園駐車場の隣り合わせの若人はやる気満々のローラーでフォームアップ始めた。これに私も感化されて晴れ用コルナゴ君を組み立てることにした。

受付と車検を済ませた後の例によって開会セレモニー
P1050264スターとセレモ  P1050267大使と
笠間観光大使とのツーショットも恒例化。

P1050270スタート  P1050277筑波山
ゼッケン35と余裕の早めのスタートだったが、筑波山の西側の桜川市からつくば市あたりであまりにも日差しが強くてヘロヘロ走行。ゼッケン二百・三百台の選手に抜かれる。

P1050283勝手にエイド  P1050274快走  
CP①の手前の「私設エイドステーション」を利用させて頂いたのを初め、沿道全てのコンビにでポカリと氷を補給しながらのまるで「ホフク前進」。とうとう五百番台のアスリートにも抜かれた。

宮古島以来の「熱中症」だ。朝の「隣のローラー君」にも抜かれた。
決めた「ショットカット」93kmでゴールしよう。直前申告でこれも大会規則で認められているのだ。
P1050286ゴール  P1050285参加賞
六時間余の奮闘の後ハーフショートのゴール
認定書とおみやげを戴いても不甲斐無い結果に自分自身に失望していそいそと帰り仕度をするebanebaでありました。とさ。
この記事へのコメント
昨日の暑さはきつかったですね。
お外で遊んじゃいけない日ですよ(笑)
無理は禁物です。

僕は、来年3年ぶりに参戦予定です。
2013/09/02(月) 06:58 | URL | こむひで #-[ 編集]
いやぁ地獄でした、天国行きそうでした。
来年3年ぶりに助けてね。
私もリベンジ参戦予定です。

2013/09/02(月) 09:49 | URL | nebaneba #-[ 編集]
あの日の暑さは相当でしたから、途中でやめるのは正解ですよ。永く走るために、ご自愛ください。
2013/09/08(日) 11:06 | URL | kincyan #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック