> 映画 「終戦のエンペラー」

映画 「終戦のエンペラー」

ここでは、「映画 「終戦のエンペラー」」 に関する記事を紹介しています。
製作年: 2012年   製作国: アメリカ   日本公開: 2013年7月27日
上映時間: 1時間47分 配給: 松竹
912yf2Q70WL__SL1500_.jpg  344808_001終戦のエンペラー
戦争終結の歴史サスペンス。
進駐軍を率いて終戦直後の日本に降り立ったマッカーサー元帥から、太平洋戦争の責任者追究を命じられた男が衝撃の事実にたどり着く姿を息詰まるタッチで追う。
ストーリー
1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の司令官としてダグラス・マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)が日本に上陸。
彼は日本文化に精通している部下ボナー・フェラーズ(マシュー・フォックス)に、太平洋戦争の真の責任者を探し出すという極秘任務を下す。

完走
終戦をめぐる謎の数々に肉迫した物語をサスペンス風に描いている。
広島への原爆投下、マッカーサーの厚木上陸と冒頭から緊張して見入ってしまう。

「アヤ」なる日本女性の存在が確かかどうか不明だが、当時の日本軍の「暴走」を誰も止められなかったことは事実である。その事実をその後の日本の教育が怠惰して避けてきたことも事実である。

天皇に戦争責任が有りや無しや、日本の復興再建に必要不可欠であったことは占領軍も認めざるを得なかったであろう。

そして「戦犯」等は処刑あるいは「自害」という決着の道をたどる。
いずれにしても戦争「責任」は誰もが「無責任」な形で収束してしまっている。

マッカーサーの下心はその後の大統領選挙で見事に泡と化す

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック