> カーボンフレームのクラック修復

カーボンフレームのクラック修復

ここでは、「カーボンフレームのクラック修復」 に関する記事を紹介しています。
コルナゴ君(CLX)のフレームのトップチューブにクラックが入って久しい。
3・4年前に房総の峠で暴走・落車した際のものだ。

何とか乗ってきたが、そのままにしておくのも痛々しいので、綺麗に塗装してもらうことにした。
ミラノの「得さん」の得意とする分野だ。

但し、このままで安全かどうかは保証の限りでは無いが、ちょっとは見てくれよくしてあげようと昨日ミラノへ持ち込んだのである。

P1030771.jpg  P1030770.jpg
塗装を剥がして見ると、発生当初に比べてそのクラックも伸びていないようだ。
走り屋さんのような頑固乗りは別として、わたしのようなポタ乗りであれば大丈夫だろう。

と自己判断と自己責任において使うことに決めた。
「得さん」の修復技術に期待している。
この記事へのコメント
おー大胆にやられてますね。私のクロモリ(zullo)も美しいカラーですが、すでに傷だらけ(泣)。
まあ、一台しか無いので輪行などにも使い、仕方がありません。塗り直しがきくので安心です。塗る人は、先日行かれた神宮にzulloを出店していた安田氏です。
2013/05/28(火) 05:24 | URL | kincyan #sSHoJftA[ 編集]
kincyan さまはいい工房を確保されていますね。

私は何年も放置してあった傷を癒そうと
今回「救急車」入りです。
2013/05/28(火) 05:58 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック