> 信州諏訪湖ラン

信州諏訪湖ラン

ここでは、「信州諏訪湖ラン」 に関する記事を紹介しています。
葛飾北斎 景勝奇覧 信州諏訪湖  葛飾北斎 富嶽三十六景 信州諏訪
4月20日
信州諏訪湖の一周ランをしたくなってお出かけした。
P1020801諏訪盆地  P1020714スタート
諏訪盆地を形成する蓼科への入り口である茅野市を出発点とした。
床屋さんを営んでいる我が甥子の店先まで車載輪行&ボタ走りの始まり始まり・・・・。
  
P1020754諏訪湖畔快走  P1020722高島城
本日の「メインデッシュ」は高島城の枝垂れ桜
あの武田信玄が略奪婚をして通い夫をした居城である。
P1020735お城  P1020730高島
お堀の水面には「花筏」。コルナゴ君も思わずにっこり。
だが4月問うのに寒い。
P1020739快走①  P1020752快走③  P1020750快走②
高島城から諏訪湖畔を反時計回りに進行して下諏訪町へ
ここで諏訪大社下社にお立ち寄り参拝。

P1020759諏訪大社下社秋宮  P1020768諏訪大社下社春宮
諏訪大社下社秋宮と春宮を参拝。 
 
P1020765秋宮の手水温泉  P1020785釜口水門
秋宮の手水場には温泉が勢い良く熱湯を噴出していた。諏訪大社上社本宮でも同様の手水場があった。
さて、両下社を後にして再び諏訪湖畔を経て岡谷市釜口水門へ。

釜口水門は天竜川の社水門である。この水が伊那谷や飯田を経て太平洋へ注ぎ込むのである。

P1020786諏訪大社上社本宮  P1020796諏訪大社上社前宮
寒風の吹き荒む諏訪湖西岸を南下して諏訪大社本宮&前宮を参拝。
これで四社全て参拝したわけである。

まだ走行キロは50km足らず、もっと走りたいのであったが、なんせ気温10℃前後。
いそいそと茅野の出発地に戻るのでありました。
総走行距離49.69km・・・「四苦八苦」でありました。

P1020826紅や  P1020823居酒屋
さて、お泊りは当然上諏訪温泉
そしてくだんの幸平君と合流して居酒屋「くらや」へ
P1020815馬鬣  P1020819鹿
信州の珍味を欲してそこで食したのは「馬鹿」
馬のタテガミ三切れが乗っかった馬刺しと鹿のタタキ。
お馬鹿な2人にぴったりの馬&鹿でした。

さて翌朝
ホテルの外は雪景色
P1020844雪  P1020847雪
諏訪湖畔の桜は雪に埋もれ、母子像は桜の花びらを胸に付けながらも、雪の帽子を被らされ寒さに凍えていました。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック