> 伊良部島ボタリング

伊良部島ボタリング

ここでは、「伊良部島ボタリング」 に関する記事を紹介しています。
宮古島をほぼ一周した昨日に続いて今日はすぐ隣の伊良部島を周回することにした。
ホテルの遅い朝食のあとレンタカーでの車載輪行で宮古島平良港へ。
P1020251車載輪行  P1020245平良港のジオス君
ここでジオス君を組み立てて高速連絡船に乗船。
15分で伊良部島佐良浜港に接岸・上陸。
P1020176雨宿り①  P1020169雨宿り②
ところが昨日に引き続いて空模様は曇天&驟雨&曇天。
陽は一瞬射すものの時々驟雨の襲来、前途多難を予期するものの、ここまで来たんだ前進あるのみ。コンビニを含め雨宿りポイントで凌いで雲の動きを観ながらの「ホフク前進」。

P1020177下地島空港縦  P1020174快走③縦  P1020181快走縦
宮古島に隣接しながら伊良部島にも飛行士訓練用の空港がもう一つあった。
雨中でもなかなかの新発見しながら島と雨を堪能しながら走行。
伊良部島って意外にもや日本国にとって将来性有りかも。
P1020189渡り口浜のジオス君  P1020185渡口の浜
「渡口の浜」には絶句の美麗・エメラルドグリーンの海と白砂。
海辺の華麗さ観るならここ伊良部島「渡口の浜」だね、

P1020206快走  P1020221復帰記念碑
快走&雨宿り&快走。それなりに歴史も背負って自己主張してる島だね。
日本への復帰記念碑は宮古島の方向向いて威厳を見せていた。

コンビニで会話した70代の親父さんはあの安保条約を平和条約にしなかった吉田茂を恨んでた。
えっ政治意識高すぎ。
ミーハーな私を刺激してくれたあの親父さんは目覚し時計かな。

P1020228渡り橋建設中  P1020167宮古島平良港
二年後には宮古島とをつなぐこの大橋が完成すると言う。
名物の橋がもう一つ誕生だけど連絡船はなくなるだろうねえ。
それにしても橋の完成とあの飛行場の活用でこの島の発展が期待されるね。 

本日の走行36km。伊良部島半周して連絡船にて宮古島のホテルに帰着。

P1020263ほてると蝶  P1020266蝶  
たくさんの大きな蝶が舞い、赤い花咲く沖縄はもう夏だね、

P1020270花嫁に雨  P1020273花
ホテルの庭で結婚式、ところが突然の通り雨に襲われて大騒ぎ。でもハッピーハッピー。 

P1020288三線  P1020129泡盛
さてと、夕食は昨夜と同様、琉球三線のライブを聞きながらキープしてあった琉球泡盛で沖縄料理を文字どうり「三昧」。

P1020133料理② P1020132料理③ P1020134料理①
名前は忘れたが何れも健康食、うまかったねぇ。

P1020276オリオンビール  P1020290シーさー
沖縄と言えば「オリオンビール」旨いねぇ。
「シーサー」は守護神とか、神社仏閣の仁王様みたいなものかな。
そういえばどちらも口元は「阿・吽」だ。
我が家の玄関先に土産としよう。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック