> 映画「つやのよる」

映画「つやのよる」

ここでは、「映画「つやのよる」」 に関する記事を紹介しています。
***********************************************************************
そうだ映画館へ行こう
「つやのよる」日本公開: 2013年1月26日 上映時間: 2時間18分

愛に全てをささげた主人公を演じるのは阿部寛、小泉今日子に野波麻帆、風吹ジュンに真木よう子、忽那汐里に大竹しのぶら大物女優から若手まで豪華共演する。

main_largeつやのよる  sub3_largeつやのよる
ストーリー
男ぐるいの女がひとり、死の床についている。その名は艶。夫・松生は、かつて妻子を捨て艶と出奔したのだった。艶の危篤を、彼女が関係した男たちへ告げずにはいられない松生。

完走・・・落車
「艶」はラストまでついにその素顔が映らない。
つまらない。

日本の文学作品を映画の上でも文学作品にしようとするとこうなるという見本失敗作
どきどき感も恋愛のワクワク感も何もない。R15指定の必要もない。

お奨め度25% 本編は  ここそうだ映画館へ行こう
***********************************************************************

この記事へのコメント
なるほどなるほど、ここ3本の日本映画評はありがたいです。みるべきは「東京家族」くらいかな、
という感じですね。東京物語のオマージュ作品は見ようと思いました。
2013/02/06(水) 09:48 | URL | kincyan #sSHoJftA[ 編集]
「東京家族」は必見、長編だからトイレ注意。
単純なシーンの連続だけどすべて感涙ですよ。
2013/02/06(水) 10:18 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック