> ツールド三陸in陸前高田 当日編

ツールド三陸in陸前高田 当日編

ここでは、「ツールド三陸in陸前高田 当日編」 に関する記事を紹介しています。
ツール・ド・三陸 サイクリング チャレンジ 2012 in りくぜんたかた
当日編  2012年9月9日(日)

午前5時、気仙沼市の「ホテル望洋」をチェックアウトして18km離れた陸前高田の高田小学校を目指す。
広田湾奥の平野にかつて市街地が広がった場所は、雑草原と化し、市民センターや市役所、消防署等は「破壊のオブジェ」の様相で点在しその姿を戒めとしているかのように私たちに無言で問いかけている。

その奥の小高い場所に位置する高田小学校は、かろうじて校舎のみが被災をまぬがれている。
IMGP1982準備  IMGP19896666.jpg
臨時駐車場にてコルナゴ君を組み立てて会場入り。
  
IMGP1980朝食  IMGP1987_convert_20120911100526.jpg
午前6時、主催者側にて用意していただいたおにぎりとトン汁の朝食を戴く。
7時30分、開会セレモニーで陸前高田市長戸羽太氏挨拶、そして陸前高田市マスコットキャラクター「たかたのゆめちゃん」も歓迎挨拶。高田では「ユルキャラ」ではなく「夢キャラ誕生!」とのことである。

IMGP1988ユメキャラ  IMGP1992スタート
加えて、全国から支援のユルキャラたちが大集合。
午前8時、そのユルキャラ君等の声援を受けてスタート。

特別参加のモデル日向 涼子 さんと暫く併走も。
IMGP1993① IMGP2010③ IMGP2033②
林間コース有り、坂有り谷あり、海岸線特有の変化に富んだサイクリングを楽しめた。
快走、快適に前半を硝化
IMGP1997広田海水浴場  IMGP1998エイド
風光明媚な海岸線を持つ広田海水浴場を経てエイドステーションの黒埼温泉へ・
ここでは地元のお母さん等の手焼きのお焼き「めぐ海焼き」の接待を受ける。
快活に接待いただいたことに感謝。

IMGP2001疾走  IMGP2006大漁はた
今回の大会は参加者5名毎に一人のボランティアの伴走者が付いてのサイクリングとなっている。
私たちの伴走をしていただいたのは地元「チーム高田」のメンバーで岩手県チャンピオンを獲得した氏であった。

途中の集落では大漁旗を掲げての応援風景に遭遇したが、これは7年前まで実施されていたレースの応援スタイル再現だとか。
応援する側も懐かしく楽しんでいるとの事であった。 

コースの沿道ではさまざまの応援を戴いた。気持ち良い声援についついこちらもお声をかけさせていただいた。
IMGP2034応援  IMGP2022応援
この老夫婦は被災は免れたものの親戚縁者16名も亡くされたとの事た゛。
自転車に乗って物見遊山的私にとって「震災後こんなに多くの自転車が来てくれて楽しませてくれてありがたい」と言って頂いたのが救いである。

また、この幼い2人は双子の兄妹で、模造紙に支援感謝と絵を描いて沿道で声を張り上げての応援してくれた。
逆に私たちが元気を戴いた。

IMGP2021_convert_20120913095318.jpg  IMGP2026瓦礫 
コースの何箇所かは未だ道路が復旧できなくて砂利道のままであった。
徒歩で押し歩きを強いられたが、それよりも山積みの瓦礫とその処理場を見るにつけて心が痛む思いであった。

IMGP2016海岸  IMGP2014美景
なんとか走りきりゴール。総走行距離39km
まあデモンストレーション的距離ではあったが被災地の皆さんと交流ができ元気を戴いたことに感謝である。
IMGP2035完走  IMGP1985スタート前
その完走証も戴いて帰還の途に着くのであるが、それにつけても復興はもとより復旧さえも遅遅として進んでいない現状を垣間見て、地元の人々は口にはそう多くを語らないが歯がゆい気持ちが痛いほどわかる今回のイベントであった。

震災の事実を風化させてはならない、現状を多くの方に伝えるのが参加者の役目と捕らえて帰還した。

PS、
ミラノショップからかつてロードを購入したという方2名からお声をかけていただいた。
遠く離れた異郷でミラノジャージがお仲間を引き合わせてくれたことにこれまた感謝であった。
この記事へのコメント
東北の人は、寡黙だけど強いなぁ・・といつも思います。
けっぱれ!って、逆に励まされたという事。
被災地を訪れた方々が、異口同音に言われていますね。

レポートありがとうございましたm(_ _)m
2012/09/11(火) 11:06 | URL | たすけ #bV8DUnag[ 編集]
しかし、「東北の人」達に何時まで我慢させとくのですか
という思いになりました。
「何も進んでいない」が実感です。
政治家にはもっと動いていただかないと日本沈みますね。
その尻を叩くのが我々の役目かな。
2012/09/11(火) 11:48 | URL | nebaneba #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/09/12(水) 09:41 | | #[ 編集]
同感です。
2012/09/12(水) 10:32 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック