> ミラノ・アサラン・二連ちゃん

ミラノ・アサラン・二連ちゃん

ここでは、「ミラノ・アサラン・二連ちゃん」 に関する記事を紹介しています。
再開アサラン二日目、
昨日来の強風が雲を吹き飛ばして残雪が筋状の富士山がくっきり見える

IMGP13522富士山  IMGP1353集合
ニューサドルの「尻当たり」で痛みがちょっとだけ残るものの早く慣れなくてはと、使命感にも似た思いでレーパン二枚履きでご出陣と相成った

IMGP1356流山橋集合  IMGP1363集合写真
参加者は昨日よりも激減したがマスコット的存在の「ななちゃん」もエントリーして総勢28名。

IMGP1359寄り道  IMGP1361寄り道②
インターバルトレーニングは「熱中」しすぎてはと敬遠して、わき道の木陰の道へボタ寄り道。
座生川排水場で一休み。そして野田のコンビニの休憩ポイントで本隊と合流。

IMGP1367江戸川①  IMGP1368江戸川②
復路の江戸川CRは向かい風、20km/h程度巡航。おどけたスタッフ岩ちゃんを激写。

IMGP1369富士山  IMGP1365江戸川CR
江戸川土手の向こうには黒々とそびえる富士山がくっきり。気持ちよいラン&ラン。

IMGP1374田んぼ①IMGP1379田んぼ②
吉川の田園地帯からはもっと大きな富士山が真正面に。

IMGP1373田園地帯  IMGP1380カメラマン
農道というより田んぼ道をのどかに通過後、私は例によって越谷レイクタウンで離脱。
そしてレイクサイドで私はカメラマンの砲列に迎えられた・・・・違う違う。

IMGP1386カメラマンレイクサイド  IMGP1392カメラマンレイクサイド
カメラマンの一人に声かけて狙いを聞いてみた。
カメラの砲列の先は私ではなくて、湖上の鳥、鷺の仲間で「ヨシゴイ」であった。
希少種で、この湖に生息しているようだ。

カメラマンの狙いはヨシゴイが蓮の葉に止まり、魚を狙い捕らえる姿を「激写」する事にある。
しかも、蓮の葉と華(花)をバックの画角に収めるために、一日中三脚構えているのである。

好きでなきゃできないね。
かのカメラマンに撮った写真を見せてもらった。魚を銜わえるところは取れてない。

彼が言った、「この熱いのに自転車で50キロも走って来たのぉ好きだねえ。」
おおきなお世話だぁい。

本日の 総走行距離 53.53km でした。

以下解説は、ネットにて検索&転載
***********************************************************************
解説  ヨシゴイの横顔 200708野鳥図鑑 ヨシゴイ

(66) ヨシゴイ「コウノトリ目サギ科ヨシゴイ属」
    英名:Chinese Little Bittern
    学名:Ixobrychus sinensis
    漢字名:葭五位、葦五位
    大きさ:37 cm
ヨシゴイ:日本に生息または飛来してくるサギの仲間では、もっとも小さい野鳥です。
名前の通り、多くはヨシ(アシ)の原に、時としてマコモやガマ類の繁茂する場所に生息する、
明るい茶色系の色彩の地味なサギともいえます。
湿原の面積が次第に狭まり、結果的に湿原に生えるアシやマコモの密集地帯が少なくなっていっている現状では、将来を極めて危ぶまれる野鳥でもあります
??????????????????????????????????????????????????????????????????????????
この記事へのコメント
>本日の 総走行距離 53.53km でした。
アサランごくろうさんです
この距離だと走行時間は3時間ほど掛かるのdすか。
ママチャリだと途中でタクシーで帰ってきそうな距離ですね。

>ヨシゴイが蓮の葉に止まり
解説が無くアップ無しで見てたら蓮の若葉だと思いました。
アップで観て初めて鷺だとわかりました。
とっても素敵な写真です。^^
2012/07/17(火) 16:27 | URL | 絵っちゃん本舗;マー #-[ 編集]
50㎞は私にとっては必死こいて走る距離ですが
走り屋さんでしたら「散歩」程度かと思います。

ヨシゴイに関しては、写真を含めネット検索の受け売りですので
注釈を赤色文字で加筆しました。
失礼いたしました。
2012/07/17(火) 17:18 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック